人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 試用期間中に会社都合で退職しました

試用期間中に会社都合で退職しました

625

高校卒業してから2度の転職

転職経験が2回あります。1度目は高校を卒業後、入社した会社で6年半勤めました。

2度目は仕事を辞めて転職し、仕事が本当に合わないと思ったため試用期間中に辞退しました。

試用期間は会社もそうですが、働く側も何カ月かの間に会社のことが色々知ることができるので良かったです。

高校の時から本当にやりたい仕事などはなく、なんとなく選んだ会社でした。
それでも自分なりに一生懸命働いたと思っています。

会社内に尊敬できる人も何人かいましたし、なんとかこの会社で頑張っていこうと思っていた時期もありました。

3年ほど働いた時に結婚もしたので、ますます辞めることはないだろうと確信していました。

ところが、リーマンショック後、事情がいろいろと変わってしまいました。

国の補助の休日に午前中は出勤させられた

まず、会社を休んでも6割の給与が保証される国の補助を受けることにもなりました。

これは世界的にも大影響だったので仕方がありませんでした。しかし、国の補助を受け休んでいることが気に障ったみたいなのです。会社側から最低でも午前中は出勤し、仕事をするように言われました。会社側からすれば、無料で労働させることができるのです。

そして、仕事でミスをしたときにペナルティが課されるようになりました。

ペナルティ内容は、休日を減らされることです。これが始まってからは社員がいつもビクビク仕事をするようになりました。難しい業務だったので、私もこのプレッシャーに耐えられずミスをしてしまいました。ペナルティは休日10日でした。

1つ目は内部告発により労働基準から指導が入りなくなりましたが、誰が告発したのかという犯人探しもありました。

このようなことがあり、経営者の資質や考えに疑問が生じるようになり退職する決意をしました。

会社都合での退職をすることができました

退職時の退職理由で自己都合と会社都合があります。これは明らかに私としては離職理由は会社によるものでした。

労働基準局にも相談に行き、最後は会社との話し合いで会社都合で退職をすることができました。

会社都合退職者と自己都合退職者とでは、失業保険を貰う日数に大きく関係してきます。あくまで、雇用保険を会社側が掛けていることが前提です。雇用保険を掛けてくれてない企業もたくさんありますので、要注意です!!

雇用保険が掛けてあり、離職票があってはじめて失業保険の受給資格が発生します。会社都合退職の場合、退職届けは書かない方が良いですよ。離職票の退職理由で自己都合退職者として扱われるケースがあるからです。

会社には2度と同じようなことをしないでほしいと思います。

退職後、離職票を持っていきハローワークで探しました。ハローワークに行くと、失業した人や失業手当てを貰いながら職を探している人が沢山いました。かなりの混雑していたので、これだけ失業している人がいるんだと驚きました。

転職してみて今の会社は本当に天国だと思いました。まず有休が取得できますし、残業もしっかり付けてくれるからです。

上司にも恵まれ仕事をする上での環境は随分良くなりました。これからしっかり働いて、採用していただいた恩返しをしていきたいと思っています。給与が下がったのだけはマイナス点になりますが・・。