人材派遣会社登録まとめ TOP >  派遣社員のマネー管理 > 払い過ぎた税金を取り戻せ!派遣社員の確定申告のやり方

払い過ぎた税金を取り戻せ!派遣社員の確定申告のやり方

ID2313

派遣社員の方の中には、確定申告が必要な人もいます。

・派遣会社で年末調整をしていない人
・年の途中で転職・退職した人
・複数の仕事を掛け持ちしている人

このような人は、所得税を支払いすぎている可能性が高いです。
放置していても税金は返ってきません。
確定申告をしなければ払い過ぎた分がいくらあるのかも分かりませんので、ぜひ確定申告に行って払い過ぎた税金を返してもらいましょう!

確定申告に行く時期

所得税は、1月1日~12月31日までの1年間の所得によって決まります。
確定申告に行く場合は、対象年の翌年1月1日から可能です。

一般的な確定申告というと毎年2月16日~3月15日までとなっていますが、払い過ぎた税金を取り戻す場合は「還付申告」と言うもので、この時期を外れていても大丈夫です。
むしろ、確定申告の期間を外した方が混雑を避けられるのでおすすめですよ。

用意するもの

源泉徴収票

年明けぐらいに、源泉徴収票をもらうと思います。
その年の収入などが書かれている小さな紙切れです。
転職をした人の場合は、前の職場の分ももらいましょう。自宅に郵送してくれる会社もありますが、こちらから言わないと送ってくれないところもありますので前の職場に連絡しておいてくださいね。

また、複数の仕事を掛け持ちしている人の場合は、職場の数だけ源泉徴収票が発行されます。それぞれの職場からもらうようにしましょう。

社会保険料が分かるもの

派遣会社で社会保険に加入している場合は、源泉徴収票に社会保険料の金額も書かれています。
でも、社会保険に加入していない場合は国民健康保険・国民年金に加入していますよね。支払った社会保険料は所得から差し引くことができ、税金も安くなりますので必ず領収証を持参しましょう。(口座振替の場合は引落が載っている通帳を持参します)

生命保険料控除証明書

生命保険に加入している人の場合は、毎年秋に保険会社から「生命保険料控除証明書」が送付されています。生命保険料の金額に応じて税金が少し安くなるので、かならず持参します。(紛失した場合、保険会社に問い合わせれば再発行可能です)

医療費が分かる書類

医療費控除というものがあり、1年間に支払った医療費が10万円以上の場合は、金額に応じて少し税金が安くなります。
病院に支払ったお金だけでなく、ドラッグストアで購入した市販薬の費用や、病院に通うための交通費なども対象になります。交通費は領収証がないので、日付や金額などを一覧表にしたものを作成しておきます。(簡単なメモでもかまいません)
ちなみに、入院などで生命保険からの給付金があった場合は、その分を差し引いて計算する必要があります。

通帳・印鑑

払い過ぎた税金は振込で返金されますから、振り込んでほしい口座の通帳を持って行きましょう。
印鑑は、シャチハタ以外であれば何でも大丈夫です。

税務署もしくはネットで手続きを!

確定申告は、基本的には税務署でおこないます。
でも、実はネットで書類を作成することも可能です。
毎年確定申告が必要になりそうな人は、e-Taxを利用するのがおすすめですよ。(事前準備が必要なので、ちょっと面倒くさいですが毎年確定申告するならこちらの方が便利です)
e-Taxの場合はネットで手続きが完了します。

また、ネットで書類を作成し、それをプリントアウト・捺印した上で郵送で提出することもできます。
これならパソコンとプリンタがあれば誰でもできるので楽ですね。

ただ、やり方が全然分からない、という人の場合は税務署に行って確定申告した方がスムーズです。税務署では職員の方が書類の作り方を教えてくれるので、その通りに手続きすれば完了します。
筆者が以前退職で還付申告をおこなったときには、30分程度で済みました。

これだけの手間で払い過ぎた税金(数万~数十万になることも!)が返ってくるので、かならず手続きしておきましょうね!