人材派遣会社登録まとめ TOP >  派遣社員のマネー管理 > 派遣社員で確定申告をしなければいけない人がいます

派遣社員で確定申告をしなければいけない人がいます

ID2302

派遣社員の人は、確定申告をすることによって払い過ぎた税金が返ってくることがある

ってご存知ですか?

派遣社員の場合は、毎月のお給料から源泉徴収として所得税が引かれています。
でも、これが人によっては払いすぎになっており、確定申告によって取り戻すことができるんです!!

確定申告とは?

確定申告と言えば、自営業の人などがおこなうもの、と思っていませんか?
確定申告というのは、その年1年間の収入がいくらあったのか、経費がいくらあって、儲けはいくらだったのか、ということを申告するものです。
そして、その「儲け」に対して税金をおさめることになります。

確定申告では、所得税を支払うだけではなく、「払い過ぎた税金を返してもらう」ということもできるんです。

実は、毎月の給料から引かれている源泉徴収というのは、概算なんです。
通常は、12月の「年末調整」によって1年分の所得を確定し、払い過ぎた税金があれば返金、足りなければ追加で支払う、ということになります。

自営業の人が確定申告をするのに対して、会社員の場合は会社が年末調整をしてくれる、ということです。

確定申告が必要な派遣社員は?

派遣会社で年末調整をおこなっていない場合

派遣会社によっては会社で年末調整をしてくれず、各自で確定申告をしなければならないことがあります。
年末調整は11~12月ごろに書類を提出する必要がありますので、もしその時期になにも書類を渡されず、なにも言われなかった場合は自分で確定申告をしなければならない、ということになります。

年の途中で退職・転職した場合

正社員をやめて派遣社員に転職したとか、もしくはその逆でも、転職をした場合は必ず翌年に確定申告をしなければなりません。転職をすると、今の職場の源泉徴収票と、前の職場の源泉徴収票の2枚が手元に来ます。それを持って、確定申告に行きましょう。

また、退職した場合も同様です。
たとえば結婚や出産を機に仕事をやめた場合、年末調整ができていなければ、自分で確定申告に行くことになります。

複数の仕事を掛け持ちしている場合

本業の他に副業をしているとか、複数の派遣先に行っていて源泉徴収票が複数枚ある、という場合は確定申告が必要です。

お金が返ってくる可能性は非常に高いです!

「確定申告なんて面倒くさい」
「追加でお金を払いたくない」

そう思って、確定申告に行かない人はたくさんいます。
でも、一つ言えるのは源泉徴収では多めに徴収しているものなので、払い過ぎた税金が返ってくる可能性の方が高いということです。

人によっては、数十万単位のお金が返ってくることも。
税金は、支払わなければしつこく督促されますが、払いすぎている分に関しては何も言ってくれません。自分から動かなければ、払い過ぎた税金は取り返せないんです。

ちなみに、まれに追加で支払わなくてはならないこともありますが、納税は義務ですし、もし確定申告をせずに放置していたとなると脱税になりますので、かならず確定申告には行きましょう。

また、所得税を取り返すための確定申告のことを「還付申告」と言ったりしますが、これは税金を払い過ぎた年の翌年以降5年間は受け付けていて、いつ行っても大丈夫です。(もちろん、早い方がいいです)

確定申告は毎年2~3月におこなわれていて非常に混み合うので、確定申告の時期を避けて還付申告するのがおすすめです。それなら税務署もすいているのでゆっくり相談しながら書類が作れますし、返金までもスムーズなんです。

確定申告と言うと反射的に嫌がる人も多いですが、放置していると損している可能性も高いです。
今までにも確定申告をしていない人の場合は、過去5年間はさかのぼれるのでぜひ申告して払い過ぎた税金を取り戻しましょう!