人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 派遣社員から正社員に登用されるのは難しい?簡単?

派遣社員から正社員に登用されるのは難しい?簡単?

ID2228

派遣社員として働く人はたくさんいます。

でも、「いずれは正社員として働きたい」と思っている人も多いですよね。

そういう人に人気なのが「紹介予定派遣」です。
これは、一定期間派遣社員として働いた上で、双方が合意すれば派遣先に直接雇用してもらえる、というもの。

では、本当に正社員になれるものなんでしょうか?

紹介予定派遣の実態とは?

まず、紹介予定派遣としての募集は、数自体があまり多くはありません。
さらに、実際に紹介予定派遣で働き始めても、正社員として迎え入れてもらえるとは限りません。

紹介予定派遣は、いわば研修期間のようなもの、もしくは、とても長い面接を受けているようなものだと言えます。
実際に働いているところを見てもらう中で、その会社が「ずっと働いてほしい」と思ってもらえるかどうか。

正社員の募集でも、書類選考で落とされることの方が多いですし、面接にこぎつけたとしてもなかなか採用されないものですよね。

これと同じように、紹介予定派遣であっても正社員になれるかどうかの確率は高いわけではない、と考えておいた方が良いでしょう。

紹介予定派遣はただの釣り文句?

紹介予定派遣でも全然正社員になれない、ということが続いてしまうと、「あれは釣り文句で、実際には正社員にする気はないんじゃないの?」なんて思ってしまうもの。

でも、そんなことはありません。
企業としては、良い人がいれば正社員になってもらった方が良いに決まっていますよね。
良い人がいれば、本当に正社員になってもらおうと思っているに違いありません。

ただ、正社員になってもらうということは今後簡単に解雇することはできませんから、当然見る目も厳しくなってしまうものです。
さらに、仕事がある程度できても、そこの会社の雰囲気に合うかどうか、他の社員とうまくやっていけるかどうか、ということも見られるのですから、簡単なことではありません。

それでも、実際に正社員になる人だってたくさんいますし、筆者自身もそういう人を何人も見ています。(筆者の妹も派遣から正社員になり、バリバリ働いています)

正社員のつもりでがんばってみよう

よく、「派遣は気楽だ」なんて言われます。
たしかに、正社員の場合はいろいろな責任がつきまといますが、派遣社員の場合はその会社の社員ではないので気が楽かもしれません。

でも、そういう気持ちで働いていると、派遣先からすればあまり良い気はしませんよね。
もちろん、「派遣だから責任ないし」というノリで働かれると、「この人を正社員にしたい」と思ってもらうことは難しくなります。

ですから、正社員になりたいのであれば、派遣で働いているときでもそこの会社の一社員という気持ちで働くことをおすすめします。
たとえ書類上は派遣社員であっても、雰囲気ややる気、働きぶりが正社員並みであれば、それだけ認められやすくなるのではないでしょうか。

「本当に正社員になれるの??」と疑いながら働くのではなく、ぜひ、もう正社員になったつもりぐらいの気持ちで働いてみてくださいね!