人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > 脱サラをして自営業しながら牛丼チェーンの松屋でアルバイト

脱サラをして自営業しながら牛丼チェーンの松屋でアルバイト

baito03


牛丼チェーン店「松屋」でのアルバイトは食費が助かった

牛丼チェーンの「松屋」でアルバイトをしました。勤務地の店舗へ自宅から自転車で通えて、勤務シフトは早朝に入れるところを選びました。

脱サラをして自営業を始めるにあたり、最低限の稼ぎを得るために早朝バイトの求人情報を探していたので大変でしたが、希望の時間帯で働けて非常に有難かったです。

また、このバイトを選んだ理由は食事です。昼食を安くて食べれて食費が浮く、ということも大きかったです。

このバイト求人はバイト情報誌のフロムエーやanで求人募集を検索しました。

勤務時間は1日5時間ぐらい。時給は850円でした。早朝手当てが数時間だけ50円ほどアップしました。

夢を持ったバイト仲間とお互い励ましあって頑張れた

同い年のスタッフが多く夢を持ち生活のためにバイトしている人が多かったので、お互いに励ましあって頑張れたのも良かったと思います。

しかしながら早朝バイトは辛くて結構大変だったことを覚えています。若かったらできたことですが、今となってはよくやったなあ、と自分でも思います。

かなり忙しい牛丼店だったので、仕事はきつかったです。仕込みだけでもかなりの仕事量がありましたし、オーダー対応の調理もこなしつつ、掃除や仕込みなどもしないといけなかったので本当に大変でした。

しかし、バイトが終わると達成感もあったので続けれたのだと思います。

仕込みが出来なかった時に、交代で入った人に嫌な顔をされるのが辛かった

メチャクチャ忙しかった時に早く動いていると、お客さんから「そんなにウロウロされたら飯が不味くなるわ」と言われて落ち込みました。

その時はスタッフの人数が足りず必死になってやっていたのでその一言が辛かったです。しかし、後日自分が訪れた飲食店で店員さんが忙しそうに接客していると確かに「メシが不味くなる」というお客さんの言葉も分かりました。良い勉強になりました。

オーダーが忙しくて仕込みがなかなか出来なかった時などは、交代で入ってきた人にあからさまに嫌な顔をされるので辛かったのですが、自分も夜中の人が仕事をたくさん残すとオロオロになったので、仕方ないことだと思いました。

真面目に働いて人間関係を構築するのに時間がかかりました。やはり、何事も一生懸命にやることから人間関係も始まるのだと身をもって実感しました。

新人は人の倍頑張って早く仕事を覚えることが大切

何事も一生懸命すると周りも認めてくれて仕事がスムーズにいくと思います。

新人の間は、人よりも倍頑張って早く仕事を覚えることが大切だと思いました。

まずは、大きな声で挨拶をして日々一生懸命仕事に集中することでステップアップを目指して下さい。”