人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 残業があるのか無いのか、判断する方法とは

残業があるのか無いのか、判断する方法とは

ID2211

仕事ばかりの人生ではなく、プライベートも充実させたい。

そう考える人は多いです。

でも実際には、ブラック企業に代表されるように、プライベートの時間を犠牲にしながら働かなくてはならない仕事もたくさん存在しています。

はじめから激務の仕事だと分かっていれば、その仕事が好きな人やどうしてもお金が必要だという人しか働かないと思いますが、そうではありませんよね。

求人情報には残業ナシと書かれていても、実際に入ってみたら何時間もの残業は当たり前、挙句の果てには残業代もつかない、なんていうことも珍しくありません。

では、残業の無い仕事をしたい人は、どうすれば見えない「残業の有無」を判断できるのでしょうか?

求人情報のみで判断する方法

「残業が本当に無いかどうかは働いてみないと分からない」なんていう状態では、仕事を探すのがとても怖いですよね。

残業ナシと書かれていても実際には残業がある仕事というのは、求人情報に掲載されている内容でもある程度推測できます。

頻繁に求人情報が掲載されている

まず、しょっちゅう求人を出しているところは、怪しいと思った方が良いでしょう。
求人サイトや求人誌に掲載するのはタダではありません。決して安くはない費用がかかっていますから、人が足りているなら掲載することはありません。

にも関わらず頻繁に掲載しているということは、
・面接の際の説明で入社を辞退する人が多い
・採用後に労働環境の悪さに気づきすぐに辞める人が多い

このどちらかであることが推測できます。

ハローワークは例外です。ハローワークに求人を出すのは無料なので、採用する気が無くても求人を出し続けているようなところもたくさんあります。

ネットで検索すると……

その会社の名前などを検索してみたとき、悪い情報が出てくる場合もあります。
実際にそこで働いていた人や今も働いている人が会社に対する愚痴を言っていたり、どれぐらいの残業があったとか、サービス残業があったとか、さまざまな情報が出てくることも。

小さい企業の場合はあまり情報が得られませんが、そこそこ大きな企業であればネット検索である程度の情報が集まりますよ。

面接で聞いてみるのもOK

求人情報だけではよく分からなくても、面接の際にこちらから質問することで残業の有無が見えてくることもあります。

ただ、正直に聞いても、正直な答えが返ってくるとは限りません。
「残業なしと書かれていましたが本当ですか?」なんて聞いてしまうと、その場ではお茶を濁し、結果的に不採用になるか、もしくは採用されてから真実を知ることになってしまいます。

そのような事態を防ぐために、聞き方を工夫しましょう。

残業する気満々で聞いてみる

残業と言うと多くの人が抵抗を覚えるものなので、企業側も隠そうとすることがあります。
そこで、「わたしは残業があっても平気なタイプなんですが、実際には残業があったりしますか?あるなら、どれぐらいの残業がありますか?」というように聞いてみましょう。

そうすれば、実際に残業がある場合でも正直に教えてもらいやすくなります。

時間の都合を伝えて様子を見る

「わたしは学生時代から続けている習い事がありまして、毎日練習が必要なんですが、18時に退社することはできますか?」というように、聞いてみるといいかもしれません。
特にそのような事情が無い人の場合は、
「資格取得のためにスクールに通う予定なのですが、18時に退社してその後スクールに行くことは可能でしょうか?」と言うように聞いてみるのも良いですね。取得予定の資格は、その仕事に関連するものが良いでしょう。

残業があるかどうかというのは、働く側にとっては非常に重要な問題です。
働きだしてから残業があることを知るととても大変なので、なるべく事前に判断できるように工夫してみてくださいね!