人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > 個人経営の輸入雑貨店でアルバイトしていました

個人経営の輸入雑貨店でアルバイトしていました

baito02

イギリスの食器やアクセサリーを間近で見れる!接客経験は役立つ

アルバイトはフロムエーなどの情報誌で探しました。

大学に入ってから2年間、個人経営の輸入品雑貨店でアルバイトをしていました。時給は800円で、月収にすると約4万円ほどでした。この辺りでは十分良い給料でした。

輸入雑貨の販売という求人を見た時にすぐに決めました。求人情報には輸入雑貨店の販売スタッフと書いてあり、仕事内容の雑貨販売が面白そうだと思いました。

雑貨屋は、たくさんありますがイギリス人がやっている輸入雑貨販売というので、この機会は貴重だと思ったことを覚えています。

オーナーがイギリス人夫婦で、イギリスへよく買い付けに行っておられました。ですから、日本では手に入れられないような商品がたくさん売られていました。

珍しいものが多いので遠方からもお客さんがたくさん来られました。オーナー夫婦の本業は英会話学校経営で、日頃は全く店のことにはノータッチで時々店に覗きに来られるくらいでした。

私はその時がチャンスだと思い、色々と話しかけたりして少しでも英語の勉強になるようにと接してました。

輸入雑貨商品にしてもなかなか見られないイギリスの食器だったり、アクセサリーを間近で見ることができてすごく目が肥えた気がします。

輸入雑貨品のことも知ることができたのでラッキーでした。

その他には接客業はその店が初めてだったので、すごく勉強になりました。大体贈り物に購入される方が多かったので、熨斗紙の書き方とか包み方など、全く経験ありませんでしたが、覚えることができました。

お客様に対する言葉づかいや対応なども、マニュアルなどは全くありませんでしたが、この経験で身につけることができ、社会に出てから非常に役立ちました。

輸入雑貨アルバイトをして良かったです。

アルバイトはお金をもらいながら勉強できる

もっと英会話を学べると思ってそこのバイトに応募したのですが、ほとんどオーナーがいなかったのでその点ではマイナスでした。

また、アルバイトしていた学生は私だけで、あとは主婦の方がほとんどでしたので横の繋がりもなかったです。

スタッフの親睦を深めるとか仲良くなってどこかでお茶するなどということが全くなかったので、少しさびしかったです。バイト友達が欲しかったです。

まずは自分の性格にあったアルバイト先を探しましょう。自分を見つめるのにもいい機会です。

アルバイトは、ただそこで働いてお金をもらうというだけでなく、そこで友達ができたり、自分が知らなかったことが学べたり良いこともたくさんあります。

特にアルバイトが初めての社会経験という方は多いと思います。そこで得られる経験というのはお金では図れない思うのです。

人との繋がりやマナー、言葉づかいなどを、お金を戴きながら勉強させてもらっているとしたら、少々嫌なことがあっても頑張れます。アルバイト先で嫌なことが全くないというのは聞かないので、アルバイトを始めたら半年はそういうつもりで頑張ってみたらどうでしょうか。