人材派遣会社登録まとめ TOP >  アルバイトの体験談 > 目指せ高収入!失敗しないキャバクラのアルバイト始め方

目指せ高収入!失敗しないキャバクラのアルバイト始め方

130129

短期で高収入を得るにはぴったりなキャバクラバイト。

キャバクラのバイトって、初めて働く人にとっては不安も多いものですよね。

キャバクラバイトに不安なく始めていただける為に、気を付けることについて紹介させていただきます!

まずは求人についてですが、キャバクラ求人を探すには、ナイトワーク求人情報やキャバクラ求人サイトを見るとたくさん求人情報が出てきます。

アルバイトの情報でもナイトワークになりますから、ナイトワーク専門の求人サイトなどを見るといいでしょう。時給、時間、エリアなど自分の希望に合う店舗を選択していけます。情報がたくさんありすぎるので、優先したい事を決めて探すことをおすすめします。

「体験入店」から始めよう

キャバクラバイトの場合、2通りの働き方があります。

体験入店入店です。

体験入店とは「一日体験入店」のことで、「体入」と言われています。
体験入店とはその店で正式に働くのではなく、「とりあえず体験してみる」という感じのものなので、働きやすい雰囲気かとか、メンバーとかを体験と同時に見てみるといいです。

入店とは、その店に正式に在籍する、ということで、長く働く場合はその店に入店することになりますので、入店は自分に合う条件と店舗、一緒に働くメンバーの雰囲気も大切にしてください。

大きな違いは、即日でお給料がもらえるかどうかです。

入店している場合は月に1回など、お給料日に1ヵ月分をまとめてもらうことになります。
体験の場合はその日の仕事終わりにお給料がもらえるので、「すぐお金が必要!」という人は安心で嬉しいですね♪

体験入店なら、嫌ならすぐにやめられるというのも大きなポイント。
ナイトワークは面接に行ったときに即日入店を勧められることも多いのですが、入店すると今後のシフトも決められてしまうし、「やっぱりこの店は合わない」と思っても辞めにくい雰囲気になりますので、「ここのお店で働こう!」と自分の中で決まるまでは、何度でも「体験入店」で働くといいですよ☆
(「一日体験入店」は何回やってもOKなのです)

体験入店では、キャバ嬢として働けるかどうかだけを体験するのではなく、お店に来るお客さんがどんな人が来ていてどんな飲み方してるとか、働いてるキャバ嬢やスタッフの雰囲気とかまで見るといいです。

私が体験入店したお店では、控室で「財布がなくなってる」という会話があり、聞いてみると盗難が多かったり、控室でお客さんや他のキャバ譲の愚痴を言ってる人いたりで、「何が起こるか分からないから怖い!」と思ってそこには入店しませんでした。

とはいっても、入店してからしか分からない事もあるんです・・・。

電話番号を必ず聞く事、名刺をもらうように、お酒を催促するようなど、やらなければいけないことを入店してから言われるお店もありました。

ナイトワークに慣れる、楽しめるようになるまでは完全にやらされている気持ちでしたが、楽しいお客さんとかに当たると会話も普段と同じ感じで名刺もらうのも、お酒も進みました。それから少しづつ楽しく働けるようになれました。

キャバクラでの必須アイテム!マイドレスを用意しておこう

体験入店の日でも、ドレスは店舗によって貸出もあるけど、サイズが合わなかったり、汚れていたりもあるので、気分よく働く為にも自分の好きなドレスを持って行くのがおすすめです。

サイズの合わないドレスを着ると胸チラしてしまったり、または締め付けによって悪酔いしてしまうこともあるので、自分のドレスを準備しましょう♪

こちらのサイトのような通販サイトならじっくり選ぶことができますよ☆←ここのサイト、サイズが豊富です!

自分のドレスをお金が必要!という場合は、とりあえず体験入店で働かせてもらって、その日にもらったお給料でドレスを買うといいと思います。

ドレスを含め靴やバッグなどの小物類は、お客様に気持ちよくは入れる為にも好きなものを早めに準備した方がいいですね。

ナイトワークはお店によっては「タイツNG」だったり、網タイツを履いていると「何、あの新人!生意気ー」と先輩アルバイトから嫌われることになるので、はじめはナチュラルなストッキングがおすすめです。

ま、私も素足のときもあったし、若ければ素足でもいいかなっ(笑)

キャバクラでは、ラインストーンなどのキラキラしたゴージャスなサンダルが基本で、パンプスを履いてる人は少ないし、ミュールはカポカポすると音もうるさいからおすすめしません。

背中のあいたドレスや肩紐のないビスチェタイプやアメリカンスリーブだったりと普通のブラでは着る事が出来ないドレスも多いので、ヌーブラは必須アイテムですね。

お客様の席につくときには、ライター、名刺入れ、ハンカチなどを持ち歩けるように、クラッチバックが必要です。

ハンカチは、ひざの上に置いているといつも見えるものなので、自分のキャラに合わせたキレイなものを常に持ち歩きます。普段使いのタオルハンカチよりも、やっぱりちょっとキレイめなものを持ってた方がいいでしょう。

キャバ譲として働きだすと、名刺入れやストール、いろんな香水やアクセサリーもあると便利です。
こういった小物類は、こちらのサイトで揃います。

本アドを死守セヨ!プライベートと仕事用を分ける

お水の仕事では、本名で働くと抜けられなくなるなんて言われています。
(わたしの友達は本名でも無事に抜けられましたが笑)

本名だと身バレする可能性も高くなるので、ナイトワークでは源氏名を使った方がいいでしょう。ただ、他の子と名前がかぶるとダメなので、いくつか考えておくといいですよ。

わたしはめっちゃフツーの名前を源氏名にしたので、本名だと思っているお客様も多かったです。思いつかなければ、お店のスタッフが考えてくれますよ。

キャバクラでは、営業メールをしたり、同伴の待ち合わせをするときにも使うのでお客様と連絡先を交換するのは普通です。

ただ、自分の電話番号やアドレスに愛着がある人や、「変えたくない」という人は、プライベートと仕事用で使い分けることをおすすめします。

LINEとかを使ってやりとりすることもできますし、最悪Gmailなどのフリーアドレスを使う方法もありますが、できれば仕事用のケータイを持って、そのアドレスを使う方がおすすめです。(お客様の中にはSNSやフリーアドレスを嫌がる人も多い)

キャバ譲で働くことを長く続けるかどうかわからないという人は、とりあえずLINEやフェイスブックで乗り切ってもいいと思いますが、長く続けるつもりなら仕事用ケータイがある方がいいです。☆

お店でのマナーはしっかり教えてもらおう!

お酒の作り方や接客マナーがわからない!という人も多いと思いますが、そこは大丈夫☆

お店のスタッフが教えてくれます♪

逆に言えば、ちゃんと教えてくれないお店は入店しない方がいいですし、ちゃんと教えてもらうためには時間も必要なので、体験入店の日は早めに行って本番に備えるようにしてくださいね。

はじめは上手くできなくても新人の場合は先輩嬢と一緒の席につけてもらえますし、ボーイもしっかり見ていてくれますから安心して働いてみてくださいね!