人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 営業と接客は違う!安易に転職すると失敗します

営業と接客は違う!安易に転職すると失敗します

ID1100

転職をするときには、今までの自分の経験を活かせそうな仕事を探すものだと思います。でも、同じような仕事だと思っていても、いざやってみると全然違う仕事の場合もあるんです。特に、営業と接客というのは似て非なるモノ、と言えるかもしれません。

営業と接客は違う!

もともと接客の仕事をしていて、「自分は人と話すのが好きだし、人に喜んでもらうことが好きだから、営業でもやっていけそう!」と思う人はけっこう多いようです。

でも、実はそんなに同じものではないんです。
たしかに、営業職も人と話す仕事ですし、人を喜ばせる仕事ではあります。

営業職の場合は、かならずノルマがあります。「ノルマナシ」と求人情報には書かれていても、実際にはノルマと言わずとも実質的なノルマはあるものですし、その数字をクリアできないと職場での立場が悪くなってしまったり、もしくは給料が格段に下がってしまって生活に支障をきたす場合もあります。

一方接客の仕事は、ノルマはありません。きめ細かいサービスが求められるのは接客の仕事の方かもしれませんが、数字に追われることはありませんから、自分自身もゆとりを持ってお客様に接することができます。

また、接客の仕事は、お客様に感謝されやすい仕事ですが、営業の仕事はそれだけではありません。感謝されることもあれば、嫌われることもあります。たとえば訪問販売の営業なんかだと、個人宅を訪問してもドアさえ開けてもらえないことは日常茶飯事ですし、それどころから窓から罵声を浴びせられる、なんていうこともあります。こんなことが続けば、いくら接客を極めた人でも、精神的にまいってしまって仕事をやめたくなるのではないでしょうか。

営業にもいろいろある

営業と言っても、いろんな仕事があります。さきほど例に出した訪問販売というのは、基本的に新規営業です。アポなし、つまり飛び込みでピンポンを押して、毎日何十件も回る中で数件でも契約が取れればいい方、という世界です。

他には、ルート営業、というのもありますね。こちらは新規営業というよりも既存客のフォローをするのがメインで、既存客のところを回って仕事をとってくることになります。

インバウンド営業というのもあります。これは、店舗などに来店されたお客様に対して営業するもので、自分からお客様のところに行く必要はアリマセン。

さらには、個人のお客様が対象なのか、法人が対象なのか、という違いもありますし、売るモノに関しても、数千円の食品であることもあれば、数十万円もする布団だったりもします。

また、接客にもいろいろあると思います。
ただ、利益などは関係なくお客様をもてなすことに専念できる仕事もあれば、積極的に売上を立てるためにいかにお客様に快適にお金を使ってもらうか、ということを考えなくてはならない仕事もあります。後者の場合は営業に近い仕事ですから、こういう接客をしている人は比較的営業の仕事にもなじみやすいかもしれません。

このように、接客と営業というのは似たような仕事のようにも見えますが、やっていることは全然違います。接客が得意な人でも、営業の仕事となるとまるで成果を出せずに退職を余儀なくされることもあるの気を付けたいものです。
あまり頻繁に転職を繰り返すのも良くありませんから、転職する前にはじっくり考えることが大切ですね。

ちなみに、接客から営業に転職する場合は、ある程度研修がしっかりしているところで、なおかつ給料の保証期間があるところを選ぶのがおすすめです。

営業職の場合は給料は歩合制の場合が多いですが、はじめの一定期間は最低保証があるところが多いです。また、研修がしっかりあれば、そのあいだにノウハウも基本から学べるので、比較的結果を出しやすいと言えるでしょう。

営業職には、フルコミッション(完全歩合制)のところもありますが、営業未経験者がフルコミでいきなり成績を上げられるようになる可能性は低いです。売上がなければお給料もゼロになってしまいますから、ある程度の自信がなければ手を出さない方がいいです。

営業から接客に転職する場合は生活に困るほどの問題は起こらないと思いますが、接客から営業に転職を考えている場合は、十分に調査してから慎重に決断してくださいね。