人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 求人情報に書かれている給与は本当に保証されている?

求人情報に書かれている給与は本当に保証されている?

ID1054

求人情報には、たいてい給与について書かれています。でも、中にはすごく高い給与が書かれていることがありますよね?それって、本当になのでしょうか?

「モデル給与」に騙されないで!

給与のところには、実際に今から入社した場合の給与が書かれていることももちろんありますが、中には「モデル給与」として、参考程度に書かれている場合もあります。

この場合、あなたが今から入社しても同じ給与がもらえるとは限りません。

特に営業職などでフルコミッション(完全歩合制)の仕事だと決まった給料があるわけではないので、どうしてもモデル給与として書くしかない、ということもありますよね。

ただ、中には「わざとだろ!」と言いたくなるぐらい、トリッキーな書き方をしてくる求人情報もあります。実際にははじめは研修期間があって給料が低いのに、あたかも高収入が確約されているかのように、「月収35万円!」なんて書かれています。でも、よくみてみると「35万円!」ではなく「35万円!」なんて書かれていることも……。

これでは、実際にいくら稼げるのかはよく分かりませんね。

詳しい給料は面接で聞くしかない!

正確な給料というのは、実際には入社する際に、お互いの合意のもと、契約で決められることになります。つまり、いくら求人情報に詳細な給料が書かれていたとしても、実際にその金額をもらえるとは限らないわけです。

でも、その会社に興味がある、働いてみたい、という場合は、面接を受けてみるしかありません。面接というのは、応募する側の人が審査にかけられる場所ではありません。面接は、応募者の方が、会社について質問したり、その会社が自分にふさわしかどうかをチェックする機会でもあるんです。

はじめからお金の話ばかりするのは良くありませんが、モヤモヤしたまま入社してもいけませんので、気になる場合は必ず確認しておくようにしましょう。

実際、きちんと給料を確認しないまま入社に至って、いよいよ契約を結ぶ段階になって、自分の給料が求人情報に書かれていた金額よりも低いことを知って、断ることもできずにそのまま入社してしまった、という人も少なくありません。

「前の会社より給料がいいと思ったから転職したのに、むしろ給料が下がってしまった」なんていう失敗を犯さないためにも、給料のことはしっかり確認しておくようにしてくださいね。

昇給についても確認しておけると安心です

たいていの企業では、昇給についての取り決めもきちんとあります。どのような条件で、どれぐらいのペースで昇給していくのか、ということは気になるものですよね。

会社によっては面接の際にその説明もあるのですが、説明が無い場合も多いです。どうしても気になる場合は、その時点で確認しておくといいでしょう。面接で給料の話をするのは良くない、と言われますが、特に給料があまり高くない場合は、今後順調に昇給するのかどうかというのは大事な問題です。

思い切って聞いてしまった方があとくされがないので、確認しておくようにしましょうね。

求人情報に書かれている給料は、その通りに自分の給料としてもらえるというわけではありません。分からないことは入社前に確認して、転職に失敗しないように気を付けてくださいね。