人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > アルバイトから正社員登用って、本当にあるの?

アルバイトから正社員登用って、本当にあるの?

ID983

正社員には、簡単にはなれません。キャリアアップのために転職しようと思ったのに、いい仕事がなくてアルバイトや契約社員としての仕事しか就けなかった、という人も多いようです。

でも、はじめから正社員にならなくても、アルバイトや契約社員から正社員に登用してもらう、という方法もあります。ただ、「本当にそんなこと可能なの?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

アルバイトから正社員になるには?

アルバイトの募集でも、「正社員登用あり」と書かれていることがありますが、本当に正社員登用なんてあるのか?正社員になれることがあるとしても、どうすれば正社員になれるのでしょうか?

一般的に、正社員の方が待遇がいいものです。給与が高かったり、賞与があったり、それから有給休暇が認められていたり。会社によっては、アルバイトは社会保険にも入れない、ということが多いですよね。

アルバイトから正社員になるには、会社が「待遇を良くしてでもこの会社で働いてほしい」と思ってくれなければいけません。逆に言えば、そう思ってもらうことができれば、正社員登用されやすくなる、ということです。

会社によって、正社員登用の基準はさまざまです。一定の資格を取ることなど、基準がしっかり決まっている場合もあれば、総合的な働きぶりによって査定されることもあると思います。正社員登用されたいと考えている場合は、あらかじめ基準を確認しておくといいですね。

曖昧な基準でも、正社員登用はある

正社員登用になるための基準がはっきり決まっていない場合は、「本当に正社員になれるの?」と疑ってしまうこともありますよね。「正社員登用あり」という言葉で釣っているだけではないのか、と。

もちろん、がんばっていても会社の経営状態によっては正社員登用が難しい場合もあると思いますが、はっきりした登用基準が決まっていなかったとしても、正社員登用されることはあります。

筆者自身も経験がありますし、筆者の周りでも、同じようにアルバイトや契約社員から正社員になった人はたくさんいます。

すごく優秀な人しか正社員になれないのでは?

非正規雇用として働いていると、「正社員になるには相当優秀な人間でなければならない」みたいな感覚になってしまいますが、決してそんなことはありません。みなさんもご存じのとおり、正社員でも仕事ができない人もいますよね。

正社員登用を目指す場合は、仕事はがんばらなくてはなりません。でも、とっても優秀な人でなければ正社員になれないというわけではありません。目安としては、他のアルバイトの人の中では1番を目指すぐらいです。

ただ、経験上、普通に頑張っているだけで正社員になれるとは限りません。プラスアルファの努力が必要なように思います。

正社員になりたいという意志を伝えよう

正社員になりたいということを伝えていれば、正社員登用されやすいです。逆に、なにも言わなければいつまでもアルバイトのまま、ということになるので、自分から働きかけていく必要があるでしょう。

まず、元から正社員になりたいという気持ちがあるなら、面接の際にも「ゆくゆくは正社員になりたい」「正社員になれるよう、精いっぱいがんばる」ということを伝えておくのがおすすめです。そうすれば、採用後も正社員登用されるために上司が必要な情報(資格試験のことなど)を教えてくれたりします。

また、入社後に正社員登用のことを知ったとか、正社員になりたいと思うようになった場合は、そのときから周りに伝えても遅くはありません。なにげない雑談のときでもいいので、「正社員になれたらいいなって思ってます」ということを伝えておきましょう。もちろん、正社員になるための条件も確認しておきましょうね。

それから、ころあいを見て会社に交渉してみる、ということもできます。たとえば、任される仕事が増えてきて自分の負担も大きくなってきたりすれば、今までと同じ待遇で働くことに対して不満を持つようになるかもしれません。
それを会社に愚痴ってしまうということではなく、「そろそろ、正社員になれそうでしょうかね?」とジャブを打つぐらいの感じで聞いてみるといいでしょう。

正社員になることは、難しいことではありません。アルバイトや契約社員などの非正規雇用から正社員登用されるというのもよくあることです。そのためにはきちんと仕事を真面目にこなすことが大切ですが、がんばっていれば正社員登用される可能性が高くなるので、ぜひがんばってみてくださいね。