人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 資格をとっても稼げません!!手に職をつけるために必要なこと

資格をとっても稼げません!!手に職をつけるために必要なこと

ID699

昔に比べると、非正規雇用の人が多くなっています。非正規雇用の場合は生活が安定しないことが問題視されていますが、たとえ正社員だとしても、今は正社員でも不安定なものですよね。

そこで、「資格を取って手に職を付けよう!」と思う人も多いです。ところが、資格を取ったからと言って、手に職を付けられるとおもったら大間違いなんです!

資格を取っても仕事はとれない

資格と言っても、ちょっと思い立っただけでとれるような資格は、基本的に役に立ちません。

「医師免許」とか「弁護士」などの難関資格は大いに役に立つでしょうが、たとえば「医療事務」のような資格を持っている人は腐るほどいますし、資格を持っている人の数だけの十分な求人はありません。そもそも、医療事務の仕事は資格がなくてもできる仕事です。(ちなみに医療事務の資格は、ユーキャンのランキングで1位の資格です)

また、日商簿記や宅建などの比較的強い資格をとったとしても、だからと言って「手に職をつけた」とは言えないのです。

なぜなら、資格を取ることと、資格を活かして働くことはまったくの別物だからです。

手に職をつけるには別の能力が必要

たとえば、女性に人気の資格「ネイリスト」。
「自宅サロンで開業できる!」と言われており、「子供を育てながら自宅サロンをやるのって素敵♪」と思ってネイリストの資格をとる人は多いです。

でも、ネイリストの資格をとったからと言って、ネイリストとして稼いでいくことはできません。

ネイリストとして稼いでいくためには、ネイリストとしての知識があるだけではダメなんです。ネイリストとして稼いでいくためには、集客力も必要ですし、経営をしていく上での経理の知識も必要です。

ネイリストの資格をとるだけでは、集客力を身につけることもできませんし、経理の知識もつきませんよね。

ネイリストの資格をとっただけでは、ただ「ネイルがうまい人」に過ぎません。手に職をつけるということは、資格をとるという意味ではなく、「自分で仕事をとってくることができる能力がある」という意味です。

資格を活かせるようになるには

営業力だとかトーク力だとか、さまざまな要素を身に付けていかないと手に職をつけると言えるほどにはなりません。

これは資格の難易度に関わらず、たいていの資格に言えることで、実際、弁護士であっても稼げない人はいます。弁護士の報酬は高額ですが、弁護士も客商売。クライアントを集める営業力がなければ、独立しても仕事が無く、低収入の弁護士も少なくないそうです。

若いころに、親に「手に職を付けろ」と言われて資格をとらされた、という人もいると思いますが、資格をとっただけでは稼げるようにはなれません。

もし、仕事に困らないようにしたいと思うのであれば、資格をとることよりも、仕事をする上で欠かせない「集客力」や「経営力」を身につけることの方が大切です。その上で自分がやりたい仕事に関連する資格をとり、「手に職をつける」ことができるのではないでしょうか。

資格をとるだけでは手に職はつけられません。ただ資格をとるだけで満足するのではなく、経営についての勉強やセールストークを身につけるための勉強など、仕事に関するさまざまな勉強をしていくのがおすすめですよ。