人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 求人が多い時期に転職活動した方が得!?最適な転職のタイミングとは

求人が多い時期に転職活動した方が得!?最適な転職のタイミングとは

ID610

転職は、タイミングが大切だ、と言われています。では、どのようなタイミングで転職するのがいいのでしょうか?

求人情報が多い時期は得?損?

求人情報が多くなるのは、3~4月、9~10月だと言われています。この時期には、退職する人や異動になる人が多いので、新しい人材が必要になりやすいんですね。

そのため、この季節には求人情報が多くなるわけですが、だからと言って本当に採用されやすいと言えるのでしょうか?企業が人材を求めているということはそれだけ採用されやすいような感じがしますが、この時期には、実は仕事を探している人も多いのです。退職した人の場合は、定年退職でない限りは次の仕事を探す人が多いですし、また、「この時期には求人が多い」ということを知っていれば積極的に転職活動をしようとする人もいると思います。

求人情報が多い時期だからと言って、必ずしも採用されやすいとは限りません。むしろ、他の求職者も殺到してかえって採用されにくいようなこともあるので、気を付けてくださいね。

求人の多さは気にしなくていいかも!

求人情報が多い時期というのはたしかにありますが、求職者の数も増えることを考えれば、採用されやすさ自体はあまり変わらないと言えるのではないでしょうか。そのため、転職するにあたって転職活動をする時期というのはあまり気にしなくてもいいかもしれません。

それに、業種や職種によって、求人を出すタイミングも全然違います。慢性的に人手不足のところは1年中求人を出しているものですし、一般的に求人が少なそうな時期になって求人を出すところもあります。

たとえ全体の求人数が多くても、自分が希望する業界や職種の求人が多くなっているとは限りませんよね。だから、全体的な動向というのは参考程度にして、その通りに転職活動をする必要はないのではないでしょうか。

転職のタイミングは、自分で見極めよう

転職活動をするタイミングは、自分で決めることをおすすめします。転職活動のタイミングを見極めるためのコツは、継続的に求人情報をチェックすることです。

数週間、もしくは数か月のあいだ継続して求人情報をチェックしていれば、求人情報の多さや種類の豊富さなどが分かるようになってきます。たとえば、「この会社、ず~っと求人出してるけど、人決まらないのかな?それともブラック企業だからすぐに人がやめちゃうのかな?」なんて予想することができます。

また、しばらく見ていれば自分のスキルや経験から、どれぐらいの求人であれば採用されやすそうか、ということも予測しやすくなります。

ニュースやネットに載っている情報を参考にして転職のタイミングをはかるよりも、自分でこまめに求人情報をチェックしてタイミングを見極める方が、より有利な条件で転職できる可能性も高くなります。

転職しようかな、と思ったときには、まずは応募する気はなくても求人情報をチェックしてみましょう。継続的に求人情報を見ていれば徐々にどのような求人に応募するのがいいかもわかるようになってくるので、有意義な転職活動ができると思いますよ。