人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 転職をするためにかける期間はどれぐらい?平均的な転職活動期間とは

転職をするためにかける期間はどれぐらい?平均的な転職活動期間とは

ID574

転職をすると言っても、スムーズに決まるとは限りません。1社目で決まる人というのはほとんどおらず、たいていは5~6社は受けると言われています。

では、転職活動にはどれぐらいの期間がかかるものなのでしょうか?

2~3か月かけるのが平均的

転職活動にかかる期間は、平均的には2~3か月だと言われています。2~3か月であれば、経済的にもなんとかなりそうな気がしますよね。今の仕事をやめて、すぐに転職活動を始めれば、はじめの1か月は前職の給料で生活していけますし、残りの1~2か月は多少の貯金でなんとかなることが多いです。

ただし、この2~3か月というのは1社目の会社に応募してから、最終的に転職が決まるまでの期間です。普通に考えれば、前職をやめてすぐに1社目に応募できませんよね。たいていは、退職後しばらくは退職に関するさまざまな手続きに追われますし、その後に転職活動を始めても、すぐに応募するのではなくある程度いろんな求人情報を見て、どこの会社に応募するか、じっくり考えるのではないでしょうか。

求人情報に応募するには履歴書を書かなければなりませんが、履歴書を書くためにもどのように書くかを考える時間が必要ですし、また、面接についても対策しておかなくてはなりません。そうなると、転職活動を本格的に始められるのは、退職後から1か月ぐらいはかかるかもしれませんね。

平均2~3か月というのを鵜呑みにしていると、2~3か月以内に内定が決まらずにイライラしたり、落ち込んでしまう人もいるでしょう。でも、転職活動は実際には2~3か月ではなく、早くても3~4か月はかかると思っておけば、精神的に不安定になるのを防げますよ。

転職活動にかかる期間は多めに見積もろう

転職活動中には収入が途絶えるため、仕事を退職する前に十分な準備をしておく必要があります。「すぐに転職できるだろう」と軽く考えていると、転職活動の途中でお金が足りなくなってしまいます。

実家暮らしの人や、失業手当や貯蓄などが十分にある人は心配いりませんが、一人暮らしで貯蓄も少ない・失業手当が少ない、という人は、慎重に転職活動をしなければなりません。

転職活動は、うまくいけば数週間で終わります。でも、そんなにすぐに決まることはほとんどなく、数か月かかるものです。
ですから、あらかじめ計画的に準備して、ゆとりを持って転職活動ができるようにしておきましょうね。

転職活動は早めに取り掛かろう

転職活動は、仕事を退職してから始めるものではありません。面接に行く時間がとれないにしても、情報収集ぐらいならできますよね。どの会社に応募するかだけでも目星をつけておけば、退職後にすぐに転職活動が始められます。

「今はしんどいから、退職後はしばらくゆっくりしてから転職活動をしよう」なんて思っているとあっという間に時間は過ぎてしまいます。早めに転職活動を始めてもある程度ゆっくりはできますから、なるべく早めに転職活動に取り掛かってくださいね。