人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 今度こそ長続きさせたい!転職デビューを成功させるコツ

今度こそ長続きさせたい!転職デビューを成功させるコツ

ID571

最近は、新卒で入社した会社に定年まで勤め上げる、という価値観はなくなってきたと言えます。新卒で入社した人のうち、3割の人は3年以内に退職するそうです。

でも、一方で、「この会社もダメ」「この会社もダメ」というように、なかなか定住できる会社を見つけられずに転職を繰り返してしまう人もいますよね。転職をすること自体が悪いことではありませんが、転職を繰り返している人の場合は、会社に問題があると言うよりも、自分自身に問題があるケースも少なくありません。

そこで、自分を変えることで、一つの会社で長く働く、というふうに考えを変えてみてはいかがでしょうか?今回は、「転職デビュー」についてお話ししたいと思います。

転職は自分を変えるチャンス!

「○○デビュー」と言えば、高校デビュー、大学デビュー、社会人デビューといろんな言葉がありますが、若くなくても自分を変えて、新しい自分に生まれ変わる「転職デビュー」だってあります。

転職デビューでは、「いきなり茶髪にする」というような変化をさせるのではなく、「イマイチな自分から、デキる自分に変える」というポジティブな変化が大切です。

では、どのようにすれば転職デビューを成功させられるのでしょうか?

転職前に、自分の悪いところを考えてみよう

転職してから変わろうと思っても、一度周囲に「○○な人」という印象を持たれたあとというのは簡単に変えることができません。急にキャラを変えると不自然になってしまいますし、恥ずかしくて変われないんですよね。

でも、転職を機に自分を変える場合は、周りは今までのあなたを知らないので、恥ずかしがることなく今までの自分を変えることができます。

そこで、まずは、どういうところを変えればいいのかを考えてみましょう。自分の悪いところというのは、自分では気づきにくいものです。周りからいつも注意されるようなことがあればそれを治す努力をすべきですが、特に思い当たらない場合は、ちょっと工夫してみましょう。

「稼げる人と稼げない人の違い」「仕事がデキる人になるには」というような自己啓発のための本や、ネットのコラムを参考にして、自分に足りないものが何か考えてみてください。もし、「仕事がデキない人の特徴」なんかにあてはまってしまっていたら、真っ先にそこを改善すべきでしょう。

このとき、「これが自分の性格なんだから仕方ない」とは思ってはいけません。人は何歳になっても変われるのですから、柔軟な思考を持って、自分の悪いところを治していきましょう。

転職デビューは大幅なキャラ変更可!

たとえば、すご~く大人しかった人が、いきなり明るく元気なキャラになることは難しいです。でも、転職して知らない人ばかりの職場になったら、それぐらい大幅な変身をしても問題ありません。

知っている人がいるとどうしても恥ずかしくて自分を変えることはできませんが、誰も知らない人ばかりなら、大丈夫です。

筆者が子どものとき、体育が苦手な子どもでした。走るのが遅く、中学生の時点でも50メートルのタイムは10秒以上。すっかり、「運動音痴」だと思われていたのです。

ところが、高校は同じ中学だった子がほとんどいませんでした。
そこで、入学直後の体力テストで、思いっきり本気で走ってみることにしたのです。すると、なんと50メートルのタイムは8秒台。平均よりも早いタイムで走れることに気付いたのです。

この経験から、わたしは「人の性格も、もとから持っている性格だけでなく、無意識に抑えている部分があるのではないか」と思うようになりました。そして実際、その後もわたしは自分自身のさまざまな性格を発見して、少しずつ仕事がデキるようにもなっていったのです。

転職デビューを成功させるために一番大切なのは、自分を信じることです。「わたしには無理」「どうせできない」と思っていては何も変わりませんよね。「わたしならできるはず」という気持ちを持って挑戦してみてください。自分を信じていれば、転職デビューはかならず成功するでしょう。