人材派遣会社登録まとめ TOP >  派遣社員のマネー管理 > お金が貯まる体質になる!ムダ遣いをやめるために見直すべき習慣とは

お金が貯まる体質になる!ムダ遣いをやめるために見直すべき習慣とは

ID526

お金は、稼ぐことも大切ですが、使い方を間違えていては意味がありません。有意義なお金の使い方をするには、お金を貯めて使う、という方法も実践していかなければなりませんよね。では、お金が貯まる人というのはどのような習慣を実践しているのでしょうか?

お金が貯まらない人は、年収関係ナシ

年収が高くても、いつもお金に困っている人はいます。年収300万円の人からすれば、「年収が1000万円になればさぞかしお金が貯まるだろう」と考えてしまいます。でも実際には、年収が上がるとそれだけ所得税・住民税も増えますし、生活水準も上がり、暮らしに余裕はなくなります。

だから、年収が高くてもいつもお金が無い人はいますし、中には借金をして、首が回らなくなって自己破産する人だっているのです。(年収が高い方がお金を借りやすいので、自己破産のリスクも高まる、とも言えます)

つまり、お金を稼げば生活が楽になるというのは間違いで、正しいお金の使い方をして、最低限の貯金をできるようにならなければ、永遠に生活が楽になることは無いと言ってもいいでしょう。

お金を貯める目的は?

お金を貯めることは大切ですが、お金を貯める目的は必要です。やみくもにお金を貯めていても、目的がなければ意味がありません。また、しっかりと目的を考えた上でお金を貯めないと、すぐに挫折してお金が貯まりにくいのです。

たとえば、「海外旅行に行くために30万円貯めたい」「マイホームを買うために頭金として500万円貯めたい」など、具体的な目的を考えましょう。すると、そこから逆算して1か月にいくら貯めればいいのかが分かります。

お金を貯めるためにムダ遣いをなくそう

ムダ遣いをなくさなければならない、ということは誰でも分かることです。でも、ただ「ムダ遣いは良くない」と思っているだけでは、「これぐらいまぁいいか」とついお金を使ってしまいがちです。

でも、お金を貯める目的がはっきりしていて「毎月5万円ずつ貯める」ときちんと決めておくと、普段の生活は貯金する金額を引いた残りのお金でやりくりしなければならないのですから抑止力が働きやすくなります。

さらにムダ使いをなくすためには、具体的な目標を決めるのが有効だと言えます。

ムダ使いしやすいところを見きわめよう

人によって、ムダ遣いしやすいポイントは違うと思います。

たとえば、男性で多いのはコンビニでのムダ使いや、それから飲み会などでのムダ遣いです。男性からすると「後輩にオゴルのは当たり前」でも、妻からしたら理解できない、ということもあるかもしれません。実際、どこまでが必要な「投資」で、どこからがムダ遣いになるのかを明確に決めるのは難しいですが、決まったお小遣いを超えてもまだ後輩におごる、というのは慎むべきでしょう。

また、女性で多いのは美容に関するムダ遣い。化粧品や美顔器など、本当に効果があるのか分からないものにお金を使いすぎていないでしょうか。もちろん、効果の無い化粧品を使うことで「この商品には効果が無い」ということがわかるという意味では無駄ではないかもしれませんが、そういうのは美容家の人に任せておいて、美容関係の仕事でも無いなら、格安な化粧品で十分、ということも多いです。

人によって、食費、交際費、美容費、被服費など無駄に使っているポイントは異なります。自分の生活を振り返って、どこに無駄があるのかを洗い出してみるといいでしょう。

具体的に目標を決めよう

「毎月○円でやりくりする!」と決めても、なかなかうまくいかないものです。途中で足りなくなって貯金に手を出してしまったり、クレジットカードを使って支払いを先延ばしにしていては、いつまで経ってもお金は貯まりません。

そこで必要になるのが、具体的な目標です。
「コンビニには行かない」「一日に使うお金は千円まで」というように、具体的な目標をいくつか決めてみてください。はじめからたくさん目標を決めると挫折しやすいので、3つぐらい決めて、その目標を厳守してみましょう。

慣れてきたら少しずつ目標を増やしていくと、徐々にお金の使い方が上手になり、お金が貯まりやすくなってくるはずです。特に非正規雇用の人の場合は収入も不安定になりやすいので賢くお金を使えるように訓練してみてくださいね。