人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 要領が悪い人・仕事がデキない人に対する対処法

要領が悪い人・仕事がデキない人に対する対処法

ID428

職場にはいろんな人がいますから、自分とは合わないという人もいると思います。でも、職場の人間関係のせいでストレスを溜めているだけでは仕事にも支障をきたすことがありますから、できる限り改善に取り組む必要があるのではないでしょうか。

要領が悪い人にイライラしませんか?

自分がそれなりに仕事ができるタイプだ、という人は特に、要領が悪い人に対してイラついてしまうことが多いと思います。

「なんでこんなに遅いんだろう!わたしなら30分あればできるのに!!」というように、イライラしてしまいますよね。

でも、そこでイライラしてしまってはあなたのためにも、相手のためにもなりません。もっと、有効な対処法があるのではないでしょうか?

わざわざ相手にしないこと!

仕事上、どうしても関わらなくてはならない場合を除いては、自分から関わらないようにする、という方法があります。

自分が合わない相手と一緒にいるのは苦痛ですよね。でも、それなりに仕事ができる人というのは、要領が悪い人を見るとどうしても放っておけず、自ら関わって余計にイライラしてしまうこともあります。

どうしても関わらなければならない場合は仕方ないですが、それ以外の場合は自分からは関わらないようにして、イライラする機会を減らすようにするのがおすすめですよ。

相手の上司・先輩に対処してもらおう

自分がその人の直属の上司でも先輩でもない場合は、基本的にはあまり関わらないようにして、静観を貫くのがおすすめです。ただ、同じ職場で働く以上はどうしても関わることもあります。

そこで、そのときにストレスを感じることがないように、相手の直属の上司や先輩に相談してみるのがおすすめです。
たいていは、その人の上司や先輩も、その人の要領の悪さに悩まされているものです。ですから、こちらがクレームを言うとか、抗議する、という体勢で訴えるのではなく、あくまでも「困っています」「相談させてください」という姿勢で相談するのがいいですよ。

その上司や先輩も手を焼いていると思いますが、その人たちも「どこまで注意していいものか分からない」と思っているかもしれません。そこで、あなたが相談に行くことによって、「やっぱりあの子はちょっと仕事がデキないんだ!じゃあ、しっかり注意していこう」と思ってくれるかもしれません。

誰かが声を上げなければ、上司も「自分から見たら要領悪いように見えるけど、他の人は何も言ってこないから問題ないってことなのかな?」と思ってしまいます。そうならないために、しっかり相談してみてくださいね。

教育係を買って出る

要領が悪くて仕事がデキない人に対してイライラしてしまう場合は、あえて自分が教育係を申し出る、という方法もあります。特に、上司が忙しくてそこまで手が回らないような場合は、上司からしても他の人が引き受けてくれれば助かると思います。

もちろん、その際にはひどく叱ったり否定したりしてはいけません。教育するのですから、「自分がこの人を育てていく」というつもりで根気よく取り組んでいく必要があるでしょう。

でも、ただの同僚として見ているだけだとイライラするかもしれませんが、「この人はわたしが教育する」と思えば、今までのようにイライラすることはなくなるかもしれません。何か失敗をしたとしても「これから育てていくんだから大丈夫」と思えますし、自分の精神衛生上でも、あえて教育係を引き受けるというのはプラスに働くと思いますよ。

要領が悪い人というのはどこにでもいるものです。でも、その人でも何か得意なことはあるはずですし、長所もあります。こちらがイライラしてストレスを溜めることが無いように、いろいろ工夫して改善に努めてみてくださいね!