人材派遣会社登録まとめ TOP >  健康管理 > ストレスを軽減するには!?人間関係で悩む時間をなくしてしまおう!

ストレスを軽減するには!?人間関係で悩む時間をなくしてしまおう!

ID402

職場の人間関係で悩んでいると、どんどんストレスが溜まってしまい、精神的につらくなってしまいますよね。

そこで、ストレス解消する必要があります。

ストレスを感じないぐらい忙しくなっちゃえ!?

今回おすすめしたいのが、強制的に考える時間をなくすということです。

どういうことかと言うと、わざと予定を詰め込んで忙しくすることによって、悩む時間をなくしてしまう、ということです。

わたしたちは、時間があるとロクなことを考えません。根っからのポジティブシンキングができる人もいますが、たいていの人はヒマになると、ついネガティブな考えに支配されてしまいます。

すると、そこまで深刻な悩みでなくても大きな悩みになってしまい、精神的につらくなってしまうのです。

忙しければ悩むヒマはありません!

忙しいときには、悩みがあってもじっくり悩んでいる暇はありません。ストレスをもたらす人間関係の問題よりも、他に考えなくてはならないことがたくさんありますから、人間関係のことは後回しになって、どうでもよくなってしまいます。

では、具体的にはどのように忙しくしていけばいいのでしょうか?

仕事をどんどん引き受けよう

職場でも、何か仕事があれば進んで引き受けてみましょう。仕事を引き受けることによって嫌な人に悪口を言われることもあるかもしれませんが、忙しくなればそこまで気になることもありません。

それどころか、他の人からの評価が上がり、職場で過ごしやすくなるかもしれませんよ。また、積極的に仕事を引き受けていくことによって、あなたを悩ませている元凶となる人が居心地の悪さを感じるようになる可能性もあります。

場合によっては、そのことによって職場内での配置換えがあったり、もしくは関係が上手くいっていない人が退職していったりと、うれしい変化も起こるかもしれません。

仕事以外でもいろんなことをしよう

積極的に仕事を引き受けると言っても、そんなにたくさん仕事があるとは限りませんよね。

そこで、職場以外でも、いろんなことをやっていきましょう。
たとえば、地域の活動に参加する、合コンを定期的に主催してみる、副業でバイトをしてみるなど、いろいろとできることはありそうですよね。

「これ以上忙しくするのは無理」という人でも、やってみるとまだ他のことができるものです。そして、いろんなことに手を出してみると忙しくてそれどころではなくなってしまうので、職場でのストレスを感じている暇もなくなります。

筆者も、ストレスが溜まってイライラしたり鬱っぽくなるのはたいてい時間にゆとりがあるときです。そこであえて積極的に何でも引き受けてしまうと、やるべきことが多くてのんびり考え事をする時間もありませんし、疲れてしまって夜もぐっすり眠れますから、ストレスからくる頭痛や不眠ともおさらばです。

もちろん、そこまで上手くいくとも限らないのですが、少なくとも今の状況より良くなるはずです。忙しい中ではストレスを感じることも少なくなりますから、ぜひ試してみましょう。

忙しいと、「スルー力」が身につく

忙しくなると、いちいち嫌味な上司に悩まされる暇はありません。忙しいと、「スルー力」が身につくのです。

普段なら、何か嫌なことがあるといつまでも心に残って、モヤモヤした気持ちになりますよね。でも、忙しい時にはいちいち深く考えることがなくなるので、「また言ってるわ」「はいはい、そうですか」と自然にスルーできるようになります。

そのためストレスも感じにくくなるのですが、それだけではありません。

いじめてくる人というのは、相手の反応を面白がっているところがあります。つまり、こちらが何も反応しなければ、相手も面白くなくて、いじめてこなくなるんです。

ただでさえストレスで疲れているのに、これ以上忙しくなるのは嫌だ、と思われるかもしれません。でも、ストレスで精神的に疲れるのと、あえて忙しくして肉体的に疲れるのは疲れ方がぜんぜん違います。大変かもしれませんが、試してみてくださいね。