人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > 仕事がデキる人ほど、手紙を書いているって本当?

仕事がデキる人ほど、手紙を書いているって本当?

これだけメールが普及している現代では、手紙を書く機会というのは本当に減ってしまいました。
みなさんも、手紙なんて長いこと書いてない、と思われているのではないでしょうか?年賀状すら書かずに、あけおめメールで済ませるのが普通になっていますよね。

でも、手紙を書くようにすれば、仕事の成果が出やすくなるかもしれないんです。

年収が高い人ほど、手紙を書いている!?

とあるデータによると、年収が高い人の方が、年収の低い人よりも手紙を書く機会が多いそうです。ここで言う手紙とは、お客様や取引先へ出す、お礼状などです。

みなさんも、お礼状や季節の挨拶状などをもらうことがあるのではないでしょうか?
たとえば、自分が契約している生命保険の担当者から、手紙が届いたら、その手紙を見た時にはその人のことを思い出します。そして、「そう言えばCMで新しい保険が出たって言ってたけど、どんな保険なんだろう?」と気になり、担当者に電話して、もしかしたら新しい保険を契約するかもしれません。

実際に、年収が高い人の方がこまめに手紙を出すようにしていて、その手紙がきっかけで仕事に結び付いた、という経験を持っている人が多いんです。

手書きのメッセージで思いを伝える

最近はセールスレターもメールで来ることが多いですが、メールと手紙にはいろいろと違いがあります。まず、手紙の場合はメールよりも「わざわざ手紙にした」という手間が伝わります。お金もかかりますしね。

さらに、大きいのが「手書き」の文字が送れるという点です。
顧客数が多い場合はすべて手書きにするのは大変ですからまとめて作ってプリントすればいいのですが、プリントのハガキであっても、一言だけ手書きのメッセージが入っていると、受け取った方は嬉しいものです。

手書きの文字というのはその人の性格も現れますし、温かい感じがしますよね。その分感情が伝わりやすく、送った相手にいい印象を残しやすくなるのです。

せっかく手紙を送るなら、なるべく手書きの文字を取り入れるようにするのがおすすめですよ。

一筆箋もおすすめ

仕事で資料を送付するときにも、一筆箋を使ってみてはいかがでしょうか。一筆箋というのは、縦長の小さな紙で、そこに簡単な挨拶だけ書けるものです。

筆者も愛用していて、今でも仕事で何か書類を送付するときには、かならずつけるようにしています。文具屋さんに行くと一筆箋もいろんなデザインのものが売っているので、選ぶのも楽しいですよ。また、デザインにこだわることによってあなた自身の個性を出すこともできます。

一筆箋以外にも、名刺サイズのメッセージカードやキレイな写真のポストカードなど、いろいろ取り揃えていると手紙を書くのに不自由しません。

今はメールが主流の時代ですが、だからこそ手紙を書くことには大きな意義があります。面倒くさがらずにこまめに手紙を書くようにすると、仕事のチャンスも増えるかもしれませんよ。ぜひ、試してみてくださいね。