人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 転職・就職時の基礎知識!あなたは御社と貴社の違いが分かりますか?

転職・就職時の基礎知識!あなたは御社と貴社の違いが分かりますか?

752

あなたは、御社と貴社、同じように使っていませんか?

御社と貴社はどちらも相手の会社のことを指す言葉ですが、混同して使うのは良くありません。きちんと違いを知って、上手く使い分けましょう!

実は簡単!御社と貴社の違い

御社と貴社の使い分けは、実はとっても簡単です。この違いさえ分かっていれば、今後間違えることはないでしょう。

口頭では御社

文字にするときは貴社

使い分け方はこれだけです。とっても簡単ですよね?

「貴社」という言葉の読み方は「きしゃ」です。そして、「きしゃ」という言葉はいろいろあります。
「汽車」「記者」「帰社」「喜捨」など……。

もちろん、文脈で考えればどの「きしゃ」なのかは分かるのですが、特に「貴社」と「帰社」はうっかりすると捉え方が混同されてしまう可能性があり、ややこしいので口頭では使わない、というのが一般的です。

そのため、履歴書に書く際には「貴社」と書くのが基本で、面接で話す際には「御社」と言うようにするのが良いとされています。

他にも!「貴」と「御」の違い

たとえば、銀行の場合は「貴行」「御行」という使い分けをします。銀行では社員のことも、社員とは言わずに「行員」といったりしますよね。

他にも、省庁の場合は「貴省・御省」「貴庁・御庁」、お店の場合は「貴店・御店」など、使い分けができます。

これらの使い分けは、かならずそうしなければならない、と厳密に決まっているわけではなく、あくまでも「この方が聞きやすい・分かりやすいから」という理由でそういう慣習になっています。

今はやりの「おもてなし」の心が、こういう日本語の使い分けにも表れているのではないでしょうか?

臨機応変に!○○さんでもいい

こういった敬語の使い方は基本ではありますが、あまり堅苦しくなりすぎるのも良くない場合もあります。普通に使う分には問題ないのですが、話の内容によっては「御社は」「御社は」と連発してしまうことがありますよね。

あまり同じ言葉を連発されると、敬語の場合堅苦しく感じてしまうもので、正しい敬語であってもあまり好ましくないことがあるのです。

その場合におすすめなのが、「○○さん」と社名にさんづけすることです。面接のように正式な場面では基本は「御社」を使いますが、ケースバイケースで使い分けてもいいでしょう。たとえば、トヨタ自動車株式会社であれば「トヨタさん」と呼ぶような感じです。

敬語には基本的なルールはありますが、ルールにこだわりすぎるあまり温かみのない話し方になってしまってはもったいないですよね。ぜひ、臨機応変に使い分けてみてくださいね。