人材派遣会社登録まとめ TOP >  面接対策 > 面接で失敗しないために!面接会場の場所、分かってますか?

面接で失敗しないために!面接会場の場所、分かってますか?

556

転職や就職の際には、何社も何十社も受けることが多いようですが、そのせいで一社一社にかける時間が短くなってしまっていませんか?

よく調べもしないまま面接に挑むと、大きな失敗をしてしまうことはあります。
今回は、そんな面接対策の初歩の初歩!面接に遅刻しないための対策を紹介したいと思います。

面接会場の場所、知っていますか?

まず、応募するときに面接会場の場所を確認していますか?

だいたいの場所が分かっているからと言って安心していてはいけません。自分が確実に知っている場所なら問題ありませんが、なんとなくしか知らないようなところだと、思っているよりも不便なところだったり、思っているよりも遠かったり、という問題もあります。

いまいち自信を持てない場合はこの時点で詳しい場所を調べておくようにしましょう。

また、求人情報に書かれている住所と、面接会場が違うことも。

たとえば、求人情報に掲載されているのは本社で、実際に募集しているのは支社、という場合もあります。本社で面接があるならそのままでもいいですが、支社での面接の場合は支社の住所を確認しておかなくてはなりません。

交通手段も調べておこう

面接会場の場所だけ分かっていても、十分とは言えません。

場所が分かっていても、当日とこにスムーズに行けるかどうかは分かりませんよね。

まず、公共交通機関で行く場合は、乗換も含めて詳しい行き方を調べておきましょう。路線によっては本数が少ないこともありますし、また、駅から面接会場までが遠いということもあります。

もし、最寄駅から「徒歩○分」と書かれていても、それを鵜呑みにしない方がいいでしょう。行き慣れているところならその時間で行けるかもしれませんが、多少迷う可能性も考慮しなければなりませんし、初めて行くところだと歩くスピードも遅くなるので余裕をもって向かうようにしてくださいね。

自転車やバイク、車の場合も注意が必要です。
車の場合は、一方通行などがあって自分が思っている経路で行けるとは限りません。グーグルマップなどを見ながら、実際に通る道を見ておきましょう。

それから、もう一つ気を付けたいのが駐車場・駐輪場の問題です。面接会場となる場所に停めるところがあるのかどうかは分かりません。駐車・駐輪スペースがあったとしても「社員専用」や「お客様専用」など決まっている場合もあります。車やバイク、自転車で行く場合は事前に駐車・駐輪できるかどうかを調べておいてくださいね。

また、面接会場に停めるスペースがなさそうな場合は、周りに駐車場や駐輪場があるかを調べておかなくてはなりません。バイクや自転車だと特に、適当なところに停めてしまう人がいますが、場所によっては駐車・駐輪禁止になっているはずです。「ちょっとぐらい」と言っても、面接先に迷惑をかけてしまうこともあるので、かならず停めてもいい場所を探しておいてくださいね。

コンビニに寄れるぐらいの余裕は持とう

面接当日に、なにもトラブルがなく、そして事前に調べたとおりに向かえるとは限りません。電車の遅延の可能性だってありますし、車でも渋滞の可能性があります。

電車が大幅に遅延した、というような場合は遅延証明書をもらって対応することができますが、ちょっとした遅延程度なら対応不可です。それぐらいのちょっとしたトラブルで即遅刻になってしまうぐらいにギリギリになってしまってはいけません。

ちょっとしたトラブルぐらいには対応できるように早めに出発して、早めについてコンビニで時間をつぶせるぐらいの余裕を持つようにしてくださいね。

当日に慌ててしまうと、たとえ面接に間に合ったとしても気分が落ち着かないまま面接を迎えることになります。ぜひ、事前にしっかり調べておいて、落ち着いて面接に挑めるように準備しておきましょう!