人材派遣会社登録まとめ TOP >  面接対策 > 趣味を聞かれたらなんと答えるのが正解?面接での趣味の答え方

趣味を聞かれたらなんと答えるのが正解?面接での趣味の答え方

m81

面接ではいろんな質問が投げかけられますが、その中でも趣味についてはけっこう聞かれることもあると思います。でも、趣味ってどういうふうに答えればいいのでしょうか?採用されやすい趣味ってあるのでしょうか?

正直に答えない方がいい趣味もある

趣味は人それぞれでまったくの自由。好きなことを趣味にすればいいです。ただ、面接で答える場合には、言わない方がいい趣味もあります。

たとえば世間一般的にネガティブなイメージがあるギャンブル。
ギャンブルも趣味としてたしなむ程度なら問題はないのですが、面接で「趣味はパチンコです」「競馬です」などと言ってしまうと、あまりいい結果にはなりません。

面接官の中にも趣味がギャンブルという人はいるでしょうしその場合は意気投合できる可能性はありますが、そうでなかった場合のリスクを考えると危険なので言わない方がいいでしょう。

また、ゲームやアニメも言わない方がいいです。特に年配の面接官であればなじみの無いものなので、偏見を持っている人は少なくありません。今やスマホのゲームだってテレビCMをする時代になりましたが、「ゲームは子供がするもの」だと思っている人もいます。アニメや漫画に関しても、「子供が見るもの」もしくは「オタク」のイメージが強いものです。たとえ本当に趣味がゲームやアニメで、しかも社会生活に支障をきたしていないとしても、面接では言うのは避けましょう。

それから、「お酒を飲むこと」なんていうのも気を付けた方がいいですね。ただの飲み会好きだったり酔っぱらうのが好き、という場合は「仕事に支障をきたすのでは?」と面接官を不安にさせてしまいます。ただ、「いろんなワインを飲むのが趣味」というように理解されやすそうな趣味ならいいでしょう。お酒が趣味の人は、言い方を工夫するといいですよ。

好印象な趣味とは?

一方、好印象な趣味とは何でしょうか。

まずはスポーツ関係ですね。「ジョギングが趣味です」なんて言われたらすごくさわやかな印象になります。また、ジム通いや「ヨガを習っています」なんていうのもいいです。体を動かす趣味だと健康的なイメージになりますよ。

また、一般的に趣味としての認知度が高いカメラや釣りなんかもいいと思います。
「休日は釣りに行くことが多く、海に行くと気分もリフレッシュできて仕事への意欲も高まります」とでも言えば、とても印象がいいですよ。

そして、読書など知的な趣味でもいいでしょう。知的と言えば、チェスや将棋もいいかもしれません。もちろん、こういった趣味は自分が本当にやっていることを答えなければなりません。ウソを言ってもバレますので気を付けましょう。

趣味が無い場合は?

趣味を聞かれても、返答に困ってしまう人も多いと思います。趣味が無い場合は「特にありません」と答えてもいいのでしょうか?

答えはNOです。
趣味が無くても、「趣味はありません」「特にありません」と答えないようにしてください。

たとえば、趣味はなくても「友達と美味しいものを食べるのが趣味です」でもいいですし、もしくは「趣味は掃除や洗濯です」なんていうのでもかまいません。

何か、趣味というほどではないにしてもよくしていることや、けっこう好きだと言えるようなことを考えてみましょう。ちなみい筆者も無趣味なタイプでいつも趣味を聞かれると困るのですが、一応「カフェめぐり」が趣味ということになっています。

仕事と関連させて答えよう

趣味を聞かれたとき、ただ一言で終わらせるのではなく、仕事と関連させて答えるのがおすすめです。面接官が趣味を聞いてくる意図としては、一つは趣味の話をして応募者をリラックスさせたいということもありますが、応募者の人柄を知りたい、という意味もあります。仕事に関連させて答えることができれば、採用されやすくなりますよ。

たとえば、カフェめぐりが趣味の筆者は、「普段、仕事をしている時間が長いのでリラックスすることがありません。カフェでぼーっとしている時間は景色を眺めたり、美味しいコーヒーを飲んだりしてリラックスできます。リラックスしていると仕事のアイデアも浮かびやすくなりますし、わたしにとって欠かせない趣味になっています」なんて答えてもいいかもしれません。

上記は仕事への姿勢と関連させて答えていますが、仕事の内容に関連させるのももちろんOKです。「カフェはいつも同じところではなく、いろんなところに行くようにしています。新しいカフェを見つけたらとりあえず行ってみて、お気に入りのカフェはたくさんあります。この仕事ではお客様と外で商談することもあると思いますが、お客様の住所や商談の内容に応じて最適なカフェをご案内できるのではないかと思っています。」なんて答えてもいいかもしれませんね。

趣味が何であるか、ということが合否に響くことはあまりないと思いますが、自分の人柄をアピールするチャンスにはなります。趣味はわりとよく聞かれることなので、どの趣味を答えるか、また、どのように回答するかはあらかじめ考えておいてくださいね。