人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 未就学児がいる場合の求職活動開始の流れ

未就学児がいる場合の求職活動開始の流れ

m19

これから仕事を探そうと思っている人でも、小さい子供がいる場合はまず保育園を探すところからスタートしなければなりません。
では、実際に働けるようになるまでにはどれぐらいかかるものなのでしょうか?未就学児がいる場合の求職活動の流れを紹介したいと思います!

保育園探し

未就学児がいる場合は働いているあいだに預けておく保育園を探さなくてはなりません。ただ、ニュースでもさんざん言われている通り、待機児童問題があります。待機児童問題とは、保育園の定員数に対して入園を希望する子供が多いために、保育園に入れずに順番待ち状態になっていることです。

保育園に預けられるかどうかは、早い者勝ちではなく、優先度順です。一般的には、もっとも優先されるのは親と同居していないシングルマザー・シングルファーザー。働くのも子供をみるのも一人でしなければなりませんから、最優先になります。

そして、次に優先されるのはすでに正社員として働いている人。つまり、産休・育休明けで働きだす人です。共働きかつ正社員が優先順位は高いです。その次には、正社員ではないけれど、契約社員や派遣社員、アルバイトなど。

もっとも優先順位が低いのは、現在無職で、これから仕事を探そうと思っている人です。つまり、「子供を預けて求職活動を開始しよう」としている人は、保育園に預けられる可能性は低いんです!

ただ、待機児童問題は地域差がかなりあります。待機児童が少ない地域では求職活動を始める人でもすぐに入園できますし、特に問題はないでしょう。

筆者が住んでいる地域では、待機児童自体はわりと多いみたいですが、人気の無い保育園は定員割れしているところもあり、せっぱつまっている場合はそういう保育園ならすぐに入れると思います。また、待機児童が多い場合でも、年度途中の入園だとたまたま途中退園などで空きがでてすぐに入れることもありますよ。

保育園は見学→申し込み→面談

保育園を探すときには、まずは気になる保育園に見学に行くことをおすすめします。必ず見学に行かなくてはならないわけではないのですが、園の雰囲気やシステムを知るためにも見学しておいた方がいいでしょう。見学は、保育園に直接電話をかけて、予約してから行くといいですね。(突然行っても、遠足などで見学できない場合があります)

希望の保育園が決まったら、役所に行って申込手続きをします。4月入園の場合は保育園で申し込み書類を配布していることもありますが、年度途中の場合は役所に行くといいですよ。

申込書類は、職場の人に書いてもらう「就労証明書」など時間がかかる書類もありますので、すぐに書類作成にとりかかりましょう。(自分が働いていない場合は不要ですが、配偶者の分が必要になります)

申込の結果、入園できることになったら、保育園との面談があると思います。面談では保育園のシステムを説明してもらって、子供の気になる点があればそれも伝え、今後のスケジュールも話し合っていきます。

ちなみに、面談の結果入園が不可になる場合もあるそうです。家庭の状況などもにもよりますが……。まぁ、滅多にそのようなことはないと思います。

面談が終われば正式に入園が決定し、いよいよ保育園デビューとなります。

慣らし保育が始まる

入園が決まっても、入園したその日からすぐに働けるわけではありません。正社員などでどうしても働かなくてはならない人を除き、普通は「慣らし保育」があります。慣らし保育とは、はじめは1時間程度預けることからはじめ、少しずつ預ける時間を増やして子供が保育園に慣れるためにおこなうものです。

ずっとママと一緒だった子どもは、いきなり長時間子供と離れることになると不安になります。だから、子供のためには慣らし保育を長めにした方がいいかもしれませんね。

慣らし保育は、短くて1週間程度、長くて1か月程度だと思います。子供の性格にもよりますので、1か月程度みておいた方が安心ではないでしょうか。

求職活動開始!

子供が保育園に入園したら、慣らし保育のあいだでも求職活動はできます。

ハローワークに行って模擬面接をしてもらったり、求人を探したり、ということは問題ありませんよね。ただ、慣らし保育のあいだや慣らし保育が終わってしばらくは、子どもは体調を崩しやすいものです。

いつ呼び出しがあるかは分かりませんので、携帯はきちんと携帯しておきましょう。

ちなみに、無職の状態で保育園に入った場合、求職期間は3か月となっています。保育園は本来「仕事をしている人のため」の場所なので、ずっと仕事をしていない人は子供を預けることができないのです。

ただ、慣らし保育に1か月使ってしまうと実質的な求職期間は2か月しかないことになります。だから、保育園の入園準備と同時に、めぼしい求人情報のピックアップや履歴書の作成など、できることは早めに着手しておくのがおすすめですよ。

子供を預けてから求職活動をするのはけっこう大変です。保育園に預けるとやることも増えますが、ぜひがんばっていいお仕事を見つけてくださいね!