人材派遣会社登録まとめ TOP >  派遣登録のマメ知識 > 派遣登録会の前に準備するべき5つのコト

派遣登録会の前に準備するべき5つのコト

派遣登録ってどんな事するんだっけ?何か準備しておくことってある?

当日はスムーズに進められるよう準備しておくべきことを5つにわけて紹介していきます。

時間の大幅カット!履歴書、職歴書の事前にしておけること

まず前半に時間を設けられるのが、個人情報の申告。ここで大幅な時間を取られることになります。事前にできることを知っている人と知らない人、ここで大きく時間に差が生まれるということです!

・履歴書

持参であれば事前に用意しておくことができますね。もし持参しなくてよい場合は、当日に手書きかパソコンで入力することになるかと思います。資格や免許など思い出しておいたほうが良いことは、メモに書いておきましょう。

・職歴書

これも持参であれば事前に用意しておけます。持参でない場合、2つのパターンがあるのでどちらか当てはまる方で準備をしておきましょう!

①事前入力ができる場合

事前入力とは、自分のパソコンやスマホなどで事前に入力することができるシステムです。このシステムが利用できる場合は、スタッフの方から案内があるでしょう。事前に入力をしておけば、当日はかなり時間が早く終わりますよ。

②事前入力ができない場合

職歴書の持参もなく、事前入力の案内がない場合は、当日その場で職歴の申告をする必要があるでしょう。このとき職歴が多ければ多いほど、時間がかかってきます。少ない場合でも思い出せず時間がかかることがあるので、事前に準備をしておきましょう!

思い出しておくことは2つ。勤務期間(○年○月~○年○月)と、正式会社名のみで大丈夫!その他、業種や職務内容なども当日入力する場合もありますが、思い出せる範囲なので準備は必要ないと言えるでしょう。

スキルチェックの軽い予習を!

登録会中盤で行われるのがスキルチェック。パソコンのタイピングや、一般常識問題を試されます。自信がない場合は、軽く予習をしておくと安心です。

・パソコンのタイピング

自宅にパソコンがあれば練習が可能です。インターネットでタイピングゲームなどがあるので、それで練習すればある程度は打てるようになるでしょう。半角と全角の切り替え方法や、アルファベット大文字と小文字の切り替え方法も予習しておくと安心!
 

・一般常識の予習

一般常識で予習しておけることは、この2つ

*筆算の計算方法
*ルートの計算方法(簡単な計算式でオッケー)

その他漢字の問題なども出題されることもありますが、予習範囲が広すぎてしまうので、計算式などの出来ることだけやっておきましょう!

事前に自己分析を!

登録会後半で、面談があるはずです。面談とはいわゆる面接のようなもので、スタッフの方と1対1で話せる時間。

・自己PR文
・自分の長所と短所

この2つはある程度骨組みを作っておきましょう!箇条書きでメモに書き出しておくと、当日言葉にしやすいので尚良いです。(当日メモは見ません。)

把握しよう!労働条件

面談中に聞かれることがもう1つ。あなたの仕事条件です。これは既に応募先が決まっている場合でも、今後の仕事紹介のため聞かれます。

・雇用形態(紹介派遣、派遣アルバイトなど)
・勤務可能範囲
・希望時給
・希望職種

これらをしっかり自分で把握しておきましょう!なぜなら、当日考えて答えてしまうと、妥協してしまうからです。

「通勤時間1時間は無理ですか?」と聞かれると、希望以上の時間でも「大丈夫」と答えてしまいがち。妥協せず貫ける人は良いのですが、仕事を長く楽しく続けるためにも自分の労働条件をしっかり伝える準備をしておきましょう!

意外と見られる身だしなみの準備

登録会当日、あなたの印象を左右するのが服装や髪形、女性なら化粧も入ります。当日慌てないために、どんな外見で行くのかイメージして準備しておきましょう。

・服装(オフィスカジュアルだと印象が良いでしょう。)
・髪型
・化粧(印象の良いナチュラルメイク、できますか?)

その他、スケジュール帳や筆記用具なども事前準備して忘れ物が無いようにしましょう。

ということで、しておくべきことは以下の5つ。

◎履歴と職歴の準備
◎スキルチェックの予習
◎自己分析と長所短所
◎労働条件
◎身だしなみ準備

これらを準備しておけば、当日かなりスムーズに登録会を終えることができるでしょう。