人材派遣会社登録まとめ TOP >  派遣登録のマメ知識 > ジーパンはダメ!?派遣登録会で好印象な服装とは

ジーパンはダメ!?派遣登録会で好印象な服装とは

派遣の登録会とはいわゆる面接のようなもので、ある程度は服装を考えて参加しなければなりません。

ジーパンはダメ?スーツは購入するべき?好印象を与える登録会での服装を紹介します。

ジーパンはダメ?その理由とは

登録会にジーパンを着ていくこと。悪いことではありませんが、ビジネスシーンにおいては好ましくはありません。

その理由は2つあります。

・カジュアルすぎる
・TPOに欠ける

シンプルでおしゃれなジーンズであっても、ビジネスシーンで考えると「向いていない」ということ。たとえ「普段着で良い」と言われたとしても、ジーパンではあまりにもカジュアル過ぎます。「ビジネスシーンでジーパンなんて非常識…。」と思われ兼ねないので、注意しましょう!

こんな服装がタブー。相手への伝わり方を意識しよう!

ジーパンの他にも避けた方が良いとされる服装があります。

・派手な色味の服
・ミニスカートやショートパンツ
・カジュアルなTシャツなど
・サンダルやミュール

など。

いわゆる派手な服、カジュアルすぎる服は避けるべきです。相手にどう思われたいか。これを軸に服装を考えてみましょう!

たとえば赤やピンクのトップスを着ていたとします。相手にはこんな印象を与えるでしょう。

「自己主張が強い」
「TPOを知らない」

仕事において、このような印象はマイナスイメージということになります。

「清潔感がある」
「しっかり仕事をしてくれそう」

そんな印象を持ってもらえるような服装が理想的ですね!

印象アップの服装とは?

さて、ではどんな服装が良いのか。派遣登録会においベターな服装を紹介していきましょう。

意外と好ましくないのがスーツ。

ダメなわけではありません。普通の面接では普通の事ですからね!ただ、派遣登録会は少し特殊と考えても良いでしょう。派遣会社のスタッフはたくさんの業種のお仕事を扱う上で、ある程度はあなたの「センス」「自己主張」を服装で判断することがあるのです。

一番良い印象を与えてくれるのが、オフィスカジュアルスタイル。

オフィスカジュアルとは、スーツのようだけどチェック柄パンツ、Tシャツにジャケットなどキチンとしてるけど人柄が出るそんな服装です。

清潔感でビジネス向けがありながらも、自己主張ができるベストな服装と言えるでしょう。もしコーディネートがわからない場合は、白シャツにパンツスタイル(ジーンズ以外)でも良いでしょう。準備できる範囲で構いません。

こんな例外もあります!

服装は必ずしもオフィスカジュアル!というわけでもありません。こんな例外もあります。

たとえば、アパレル業界のお仕事を希望し、登録会に参加したとき。派遣会社のスタッフから「私服で来てください」と言われた場合は、応募したアパレルブランドのイメージに合わせた服装で参加するのが良いでしょう。

その他なにか指定があった場合は、それに合わせた服装で参加してくださいね。