人材派遣会社登録まとめ TOP >  面接対策 > 「試されている」のではなく「提案する」スタンスで面接に挑もう

「試されている」のではなく「提案する」スタンスで面接に挑もう

ID401

面接は、その会社で採用してもらえるかどうかを決めるもの、だと思っていませんか?たしかにその通りなのですが、面接というのは会社側が上の立場で自分が下の立場、ということはありません。

面接は、自分が試されているだけでなく「その会社が時分にとってふさわしいかどうかを確かめる」と言う意味もあるのです。そういう意味で考えれば、両者は対等な立場にあると言え、自分ばかりが緊張して縮こまっていてはもったいないと思いませんか?

面接で成功する人は、面接官に「提案」をしている

一方的に「自分が試されている」と思うと、人はのびのびと振舞うことができません。それどころか緊張して縮こまってしまい、本来の良さを発揮できないこともあります。

面接というのはどうしてもコミュニケーション能力が優れている人にとって有利なものです。もちろん、コミュニケーション能力が高い方がいいとは思いますが、十分なスキルを持っているのに面接での印象が悪くて落とされてしまう、というのは悲しいですよね。

そこでおすすめなのが、「試されている」と思わずに「自分が企業に対して提案をする」というスタンスを持つことです。つまり、「わたしを雇うことでこんなメリットがありますよ」とか「わたしはこの会社でこんなことをしようと思ってますよ」といったことを提案することによって、面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらうのです。

「はたらきたい!」だけでは伝わらない

面接で成功する人は、目標を「入社すること」に置いていません。そうではなくて、「入社後に○○したい」という目標を持っています。

「合格したい」「はたらきたい」ということだけを考えている人は、面接でもその思いがにじみ出てしまいます。面接の受け答えにもその考え方が影響されてしまうので、面接官からしたら、「で、入社したらあなたは何をしてくれるの?」と思ってしまうんです。

ところが面接で成功する人の場合は、「合格する前提」「はたらく前提」で話をします。だから、入社後にこんなことがしたいとか、こういうところで役に立ちたいなど、具体的なビジョンを持って話すことができ、面接官を説得しやすくなるのです。

これがつまり、提案です。

受け身ではうまくいかないことも多い

面接では受け身な人が圧倒的に多いと思います。面接官に聞かれるままに答える形です。でも、その場合は十分に自分のアピールをすることができません。

受け身ではなく、積極的に自分をアピールしなければ、印象には残りにくいのではないでしょうか。提案するということは、自分から積極的にアピールしていく、という姿勢を持っていることになります。

聞かれたことだけに答えるよりも、自分から積極的に提案をしていく方がより伝わりやすくなるのは言うまでもありません。もちろん、自分ばかり話して面接官に話す隙を与えない、というのはダメです。ただ、提案するという姿勢で質問に答えていくと面接官の方があなたのペースに巻き込まれてきてくれるので、面接がぐっとやりやすくなり、その結果採用される確率も高くなると思いますよ。

企業のニーズに合った提案ができるか

面接では自分のアピールをすることになりますが、アピール内容のピントがズレている人は多いです。「わたしはこんなことができます」と言うのはいいのですが、ただの自慢話になっているパターンが多い。

採用してもらうためには、企業のニーズに応じた提案をしなければいけません。たとえすごいスキルを持っていたとしても「そのスキル、うちで役立つの?」と思われてしまっては失敗なのです。

ニーズに応えるには「わたしの○○というスキルを、御社の△△という仕事に活かしたいです」というように、面接官も納得するような内容にしなければいけません。「提案」という姿勢で面接に挑むと、自分のアピール一辺倒ではなく企業にとってどのようなメリットがあるか、というところまで訴求しやすくなります。

面接で成功する人はこのように提案するという形で話していることが多いもの。これから面接を控えている人は、ぜひ参考にしてくださいね!