人材派遣会社登録まとめ TOP >  転職の体験談 > 事務経験無し!事務職に転職するには?

事務経験無し!事務職に転職するには?

事務経験無しで派遣に登録して事務の仕事に転職するには?

わたしは社会人経験約10年。

社会人生活のほとんどを販売業・サービス業に費やしてきた為、事務経験はゼロです。10年も経つと身辺環境が変わり、カレンダー通りの仕事に転職をしたくなりました。

派遣会社に登録をして自分に合った事務職を探してみましたが、事務経験無しで転職するにはかなりのネックがありました。

わたしが感じた事務職への壁!

・Excel/Word/PowerPointは初級レベル(販売業時代にパソコンは使用していましたが、事務職専門レベルには達していません。)
・経理や簿記の経験や資格なし
・単純に、職歴に事務経験無し
・仕事内容が未知

さて、高い壁が見えてしまったあなたに、少しの知恵で簡単に壁をまたぐ方法をご紹介していきましょう!

最初にするべきことは?

転職活動の第一歩、まず派遣会社に登録をしましょう。

◎派遣会社に登録する際のポイントは?

・登録する派遣会社は大手でもそうでなくても良いです。
販売業に特化した派遣会社以外であれば、たいがい事務職枠は多く求人があるはずです。たまたま見つけた求人記事の派遣会社に、まずは行ってみてもOKです。
・さらに2、3か所登録しておくと、その分情報が比例して増えるので、尚可です。
・在職中でも登録は可能です。転職希望日が決まっていれば、それに合わせてお仕事を探してもらえます。

◎なぜ第一歩が派遣登録なの?

早めに派遣登録をしておくメリット、そして狙いはズバリこれです。

「キャリアプログラム制度があること」

【キャリアプログラムとは?】
企業が行う教育支援活動のこと。派遣会社では、ビジネスマナー講習からOA研修(Excel/Word/PowerPoint)など、無料で受講することができ、経験や能力アップを支援してもらえるシステム

これはすごく便利です。わたしも重宝しました。
派遣会社によってはキャリアプログラム制度がない場合もあるので、派遣登録先の選定基準に入れてみては?

経験値アップ・能力アップをする期間をつくろう!

◎退職後、パソコン教室に通ってみよう

退職後の、求職活動期間中や雇用保険受給中(後述にあります)などには、時間がたっぷりあります。パソコン教室といっても、月3,000円ほどのリーズナブルな教室はたくさんあります。

また、この期間にMOS(Excel/Wordの資格)の取得をすると、事務職への道がグンと近づきます。MOSの勉強はパソコン教室でももちろん可能ですが、多少パソコン経験があるなら本屋さんにある教則本を使って独学で合格できる範囲かと思います。

◎雇用保険の受給

退職後、すぐに就職先が見つからないようであれば、派遣会社で求職活動をしながら雇用保険の受給をおすすめします。(雇用保険受給には一定の条件があるので注意)

雇用保険受給中には、約1か月間で求職活動が最低2回必要です。そこで利用してもらいたいのが、ハローワークが主催する「就職支援セミナー」。

OA研修のような専門的なセミナーではありませんが、履歴書の書き方やビジネスマナーを学べるうえに、雇用保険受給条件である「求職活動」にも入ります。

※ちなみに派遣会社での求職活動は、雇用保険受給条件である「求職活動」には入らない場合があるので、そのときはハローワークの窓口で相談してみましょう。

雇用保険の受給までには、通常3か月間の待機期間があるので、受給を希望する場合は貯金に余裕をもって退職をしましょう!

◎職業訓練を利用しよう

受講給付金をもらいながら職業訓練を受講するには一定の条件がありますが、条件を満たすなら利用しない手はありません。

前述の「就職支援セミナー」に比べて、本格的な能力アップを図ることができるチャンスです!

その月によって開催訓練の内容は違いますが、月によっては「パソコン事務基礎科」をテキスト料のみで受講することができますよ。

経験と能力を高めながら、かしこく転職活動をしよう!

事務職転職への近道は3つのポイント!

①派遣会社への登録とキャリアプログラムの利用
②時間に余裕があればハローワークのセミナーや職業訓練の活用
③時間と経済的に余裕があれば、パソコン教室や独学での勉強

正直なところ、派遣会社のキャリアプログラム制度の活動が一番強いです。

必要なスキルを要約して講習してくれるうえ、積極性をコーディネーターにアピールできるという点、随時求人募集状況を掴みやすいという点でも最適だと言えます。

そのほかの活動もしていくようであれば、派遣会社での転職活動を並行して行い続ける、ということが大切です。

未経験でも雇ってもらえる事務職もあるので、随時派遣会社のコーディネーターさんに相談をしていくようにしましょう!