人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 派遣に登録する際、「うつ」のことは言った方がいい?

派遣に登録する際、「うつ」のことは言った方がいい?

うつ病の病歴がある方が派遣に登録するとき、うつのことは申告するべきなのでしょうか? うつ歴がある方は迷うところですよね。

うつ病であったことを申告している人もいれば、申告していない人もいます。では、どうするのがいいのか、考えてみましょう。

回復して時間が経っているなら言わなくてもいい

昔にうつになったことがあっても、回復してから期間が空いていて、その間に別の仕事をしていた期間があるなら、あえてうつ病のことを申告する必要は無いでしょう。

うつ病の申告をするのは、「万が一、仕事に支障をきたしたときのため」です。急に症状が悪化して仕事を休まなくてはならなくなったとか、職場で気分が悪くなってしまった、といったときに、配慮してもらえるかどうか、理解してもらえるかどうかは事前に申告しているかどうかで変わってきます。

すでにうつ病の回復から時間が経っており、仕事に支障が無いと判断できるのであれば、申告せずに登録しても良いでしょう。

回復期の人は言った方がいい

主治医やカウンセラーから、「そろそろ仕事をしてもいい」という話があり、そこから派遣に登録しようと考えているなら、うつのことは言った方が無難です。

かなり回復していて仕事に支障が無いと思えることもあるでしょうし、自信があれば無理に申告しなくてもいいかもしれませんが、基本的には申告しておきましょう。

回復期でも、仕事を始めたストレスで悪化してしまったり、生活リズムが変わったことで調子を崩してしまう、という可能性はあります。

事前にうつのことを申告していれば、勤め先でも配慮はしてもらえます。何も言わずにいきなり調子を崩してしまうと、「どうしてうつの回復期だということを言ってくれなかったんだ」とか「知っていたら雇わなかったのに」と思われてしまうことも。

中には、仕事を断わられないためにうつ病のことを言わずに働く人もいますが、万が一のことを考えると、申告して理解してもらった上で働く方が、会社側にとっても自分にとっても快適に働けるはずですよ。

うつのことを申告する方法

派遣登録時にうつのことを申告することにした場合、ただうつ病である、と言うだけではいけません。それを伝えただけではどの程度の病状なのか、本当に働けるのか、ということを不安に思われてしまうことがあります。

派遣会社の担当者や派遣先に安心してもらうためにも、うつが回復していることをしっかり伝えましょう。

うつ病のきっかけとなった原因が解決しているのであれば、そのことを伝えます。たとえば、「親の介護と仕事の両立で体調を崩していましたが、現在はデイケアやヘルパーさんの力も借りているのでわたしの負担はほとんどありません。だから、働けます」というように、事情をしっかり説明した方が空いても理解しやすいでしょう。

また、主治医から働けるということを言われているのであれば、それも伝えてください。

それから、はじめは無理しないことも大切です。手始めに単発の仕事から始めてもいいですし、週2~3回など少ない回数の仕事からやってみて、徐々に慣らしていくのがいいでしょう。いきなりがんばりすぎるとうつじゃない人でもへとへとになってしまいますから、少しずつできる仕事を探してくださいね。