人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 派遣に登録するときに、学歴や職歴など嘘をつくとどうなる?

派遣に登録するときに、学歴や職歴など嘘をつくとどうなる?

派遣に登録しようとしている人は、当然働きたいという意思をお持ちですよね。働きたいわけですから、派遣に登録する以上は希望する仕事を紹介してもらわなくては困ります。

でも、「わたしには特に特技もないし、立派な学歴もないし……」と、ちゃんと仕事を紹介してもらえるかどうか、不安に思ってしまうこともあるのではないでしょうか?

では、仕事を紹介してもらやすくするために、派遣登録のときに嘘をついてもバレないものなのでしょうか?

嘘がバレたらどうなる?

学歴や職歴、所有している資格など、派遣に登録する際に嘘をついたとして、万が一バレてしまったらどうなるのでしょうか?

基本的には、絶対に許されないと思ってください。

たとえば、「MOSスペシャリストの資格持ってます!」と嘘をついて、それが派遣先でバレてしまったら……。WordやExcelが使えないのであれば、派遣先は困ってしまいます。あなた自身の信用がなくなってしまうのはもちろんのこと、派遣会社の信用も失います。もう、その会社はその派遣会社を使わない、ということになるかもしれません。そうなれば、他の派遣社員にも迷惑がかかってしまうでしょう。

もちろん、あなたは派遣先だけではなく、派遣会社からの信用も失います。もう、なにも仕事を紹介してもらえないかもしれません。おそらく、登録を抹消されてしまうのではないでしょうか。

ただ、必ずしもそうなるとは限りません。わたしの経験上、本当は高校中退なのに高卒だと嘘をついている人を見たことがありますが、それがバレてしまっても、業務上学歴は関係なかったので、特に問題になることはありませんでした。

業務内容に直結しないような嘘だった場合は、派遣先や派遣会社によっては大目に見てもらえることはあるかもしれません。とは言え嘘をつくのはいけないことだということには変わりありません。

正直に言った方が自分のためにもいい

嘘をつかなくても、真面目にしていれば仕事はあります。特に、業務内容に直接関係しないような嘘は、つく必要が無いですよね。また、「こういう資格持ってます」みたいに業務に関連する嘘をついてしまった場合は、さきほどの例のようにあなたも派遣会社も信用を失うというリスクがあるため、絶対にやめておいた方がいいです。

嘘をついたことで仕事を紹介してもらえたとしても、嘘をついている以上期待されているような働きはできませんし、たとえ嘘がばれなかったとしても、あなた自身が仕事についていけなくなったり、職場にいづらくなってしまって早々に辞めてしまうことになるでしょう。

嘘をつくのではなく、デメリットと思えるようなことでも正直に申告しましょう。派遣会社の担当者は、すべてちゃんと聞いた上で、あなたにできる仕事を紹介してくれるはずですから、不安に思って嘘をつかないようにしましょうね。