人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 派遣会社の登録の際に持参する印鑑はシャチハタでも大丈夫?

派遣会社の登録の際に持参する印鑑はシャチハタでも大丈夫?

派遣会社に登録するときには、登録会に行きます。そのとき、印鑑を持ってくるように言われることが多いですよね。印鑑にもいろいろありますが、宅配便を受け取るときなんかに便利な「シャチハタ」はOKなのでしょうか?

シャチハタは認められていない場合がほとんど

すべての派遣会社がそうとは言い切れませんが、一般的に、派遣登録時にはシャチハタは使えないと思っておいた方がいいでしょう。

シャチハタというのは、ハンコとインクが一体化したもののことで、いちいちインクを付けなくても押印できるもののことを言います。

シャチハタの場合、普通の印鑑とは違う特徴があるんです。

【1】ゴム製なので経年劣化しやすい
通常の印鑑でも欠けてしまうようなことはもちろんありますが、ゴム製のシャチハタに比べれば丈夫にできているので長く使えます。シャチハタはゴム製なので劣化しやすく、印影が変わってしまうのです。

【2】大量生産で、同じ印影のものが他にもある
印鑑って、実は一つひとつ印影が違うんです。認印をいくつか持っているは、見比べてみるといいでしょう。同じ大きさの印鑑を押して、紙を重ねて光に透かしてみましょう。きっと、それぞれ微妙に違うはず。ところが、シャチハタの場合はどれも印影は同じだという特徴があります。

印鑑というのは、「その人が、その人の意志で押印した。だから、この書類はその人の意志で作成されたものだ」という証明をするものです。年月が経って印影が変わってしまったり、大量生産されていて他にも同じシャチハタを持っている人がいるということでは、きちんと証明することにはなりませんよね。

だから、シャチハタは認められていないのです。

三文判ならOK

シャチハタと同じように、大量生産されて他にも同じ印影のものが存在している印鑑のことを、三文判と言います。100円ショップなどで売られているような安い印鑑は、すべて三文判です。

三文判だと他にも同じ印影の印鑑が存在しているので、実印として印鑑登録してしまうのは危険だと言われています。銀行印に使うのも避けた方がいいかな、と思いますが、不可能ではありません。

三文判は基本的には認印として使うのが主流で、派遣の登録の際にも使用して問題ないとされています。実印や銀行印として使う印鑑はなるべくハンコ屋さんできちんと購入した方がいいですが、派遣会社の登録に行くだけなら100円ショップで買ったものでOK。

万が一、当日印鑑を忘れたことに気づいても、近くの100円ショップで購入していけば問題ないので安心してくださいね。