人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 派遣の登録会に必要……印鑑はどういうものを持って行けばいいの?

派遣の登録会に必要……印鑑はどういうものを持って行けばいいの?

派遣の登録会に行く際の持ち物として、印鑑を持ってくるよう言われることがあります。しかし、印鑑を押すということに対して不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。また、印鑑にもいろんな種類がありますから、「どの印鑑を持って行けばいいの?」と迷ってしまうことも。

では、派遣登録時にはどうして印鑑が必要なのでしょうか? また、どの印鑑を持って行けばいいのでしょうか?

書類への押印に使います

最近は必ずしも印鑑が必要というわけではなくなりましたが、派遣会社によっては押印が必要な場合もまだまだ多いです。

その印鑑ですが、必要になるのは書類への押印です。その書類とは、個人情報の取り扱いに関する書類。あなたの履歴書や職務経歴書といった個人情報を渡すことになりますが、その際には「個人情報の取り扱いに関する説明書(呼び方は会社によって違います)」を交付しなければなりません。そして、それをあなたが確認し、確認した証拠に押印するのです。

印鑑を押すからといって怖いと思う必要はありません。印鑑を押さなければ登録できませんし、印鑑が必要なのは派遣会社がまっとうな営業をしていくためですから、安心して押印しましょう。

印鑑は認印でOK(シャチハタはNG)

印鑑には、主に認印・銀行印・実印という種類があります。銀行印は銀行口座に使っている印鑑のこと、実印は役所に印鑑登録しているもののことですね。

派遣の登録時には、認印でかまいません。認印とは、銀行印でも実印でもない印鑑のことを言います。中には銀行印と認印を兼用していたりする人もいますが、兼用しているものでも問題はありません。

※銀行印や実印に関しては、個人的には分けておいた方が安心だと思います。この機会に新たに印鑑を買って、認印として使うようにしてはいかがでしょうか。

ちなみに、派遣登録の際には給料の振込先である口座の登録もしますが、給料が振り込まれるだけなら銀行印は不要です。(銀行印が必要になるのは引落の手続きのときです)

ただし、シャチハタはNGとしているところが多いです。シャチハタとは、インクとハンコがセットになったもののこと。宅配便の受け取りぐらいならシャチハタで大丈夫ですが、一般的な書類への押印の際には禁止されていることが多いので、覚えておくといいですよ。

派遣登録の際に必要になる印鑑は、銀行印や実印ではありません。認印で大丈夫ですので、登録の際には認印を忘れず持参しましょう。