人材派遣会社登録まとめ TOP >  面接対策 > 面接で失敗しない!好印象の髪の束ね方

面接で失敗しない!好印象の髪の束ね方

722

面接の際、髪型は案外重要です。

普段から髪型にこだわっている人は多いと思いますが、それはなぜでしょうか?髪型次第で印象が大きく変わるからですよね!面接においても、髪型によって与える印象が大きく変わります。

髪型で損をしないように好印象を与えられる髪型を知っておきましょう!

「長い髪は一つに束ねる」が基本

いつも髪をおろしている人でも、面接のときは束ねましょう。ハーフアップなどではなく、一つに束ねるのが基本です。でも、ただ無造作に束ねるだけではダメ。

正しい束ね方を知っておきましょう。

  • サイドの髪をたらさない
    フェイスラインに髪がかかっていると、おじぎをしたときに顔に髪がかかってしまうことがあります。顔にかかった髪を払いのける動作がスマートではありませんし、また、顔に髪がかかっているのに気付かずにそのまま過ごしてしまうという恐れもあります。サイドの髪も、きっちり束ねましょう。
  • 束ねる位置は耳のラインより下
    束ねる位置が高くなるほど、若々しく幼いイメージになります。高い位置で束ねたポニーテールは可愛いですが、面接向きではありません。低い位置の方が落ち着いた印象になりますよ。「もう少し若く見せたい」という年代の方の場合も、高い位置でポニーテールを作るのではなく、少しだけ上で束ねるようにすると少し若く見えます。
  • 後れ毛がでないように
    ただ無造作に束ねただけでは、後れ毛が出てしまってきっちりとした印象にはなりません。髪の長さが微妙で後れ毛が出るような場合はスプレーで対処しましょう。また、束ねるときにはしっかり髪を梳かしてキレイに束ねるようにしてくださいね。
  • 派手な髪飾りは使わない
    スーツにも合う、ということを考えると、派手な髪飾りは使わない方がいいです。シュシュなどを使ってはいけないということはありませんが、落ち着いたトーンのものを選ぶようにしてくださいね。

前髪は眉毛が見える状態に!

前髪は、眉が隠れない状態にするのがおすすめです。前髪が長い場合は横に流すか、全部上げてしまうのもおすすめです。

前髪を横に流す場合、ピンでバチッと止めてしまうのはNG!本来アメピンは隠すものなので、見えるところに付けない方がいいでしょう。ピンで留めないと前髪が垂れてくる、という場合はスプレーで固めてしまってください。

前髪をすべて上げてしまう(オールバックやポンパドール)のもいいですね。眉毛や目元がはっきり見えるので、明るくきちんとした印象になります。ポンパドールにする場合は、盛りすぎないように気を付けてください。

カラーは黒かナチュラルブラウンで

面接で好印象を与えたいなら、髪は黒が基本です。ただ、茶髪OKの職場であればナチュラルなブラウンぐらいなら大丈夫な場合もあります。不安な場合は黒くしておいた方がいいでしょう。

髪は「顔の額縁」とも言われます。面接では顔の印象もけっこう影響しますから、「暗そう」などネガティブなイメージをあたえないように、さわやかできちんとした髪型を心掛けてくださいね!