人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 派遣に登録する前に確認しておきたいこと5つ

派遣に登録する前に確認しておきたいこと5つ

派遣社員として働くには、派遣会社への登録がスタートとなります。ただ、派遣会社にもいろいろな会社がありますし、どこの派遣会社に登録するかによって、給料や働き方も大きく変わってしまいます。

そこで、派遣に登録する前に確認しておきたいことをまとめました!

【その1】時給・交通費・賞与(ボーナス)

働くからには、より高いお給料が欲しいと思いますよね? 実は、派遣会社によって、もらえる給料は異なります。派遣会社では仕事を仲介することによって利益を出しているわけですが、同じ仕事でも、派遣会社によって時給は違うんです。

また、時給自体は同じでも、手取り額に大きく影響するのが交通費。交通費が出ないところも少なくありませんが、交通費が出るなら多少時給が低くても手取りは多くなりますし、交通費が無いとしても、時給自体が高ければ手取りは高くなります。

さらに、賞与(ボーナス)が出るところもあるので、そういったことも確認しておくようにしましょう。事前に調べても分からない場合は、登録会のときに確認することもできますよ。

【その2】コーディネーターのレベル

派遣として働くには、派遣会社のコーディネーターに仕事を紹介してもらう必要があります。あなたがやりたい仕事と、派遣会社で人材を募集している企業とのマッチングがうまくいって初めて、働くことができるわけです。

そのため、コーディネーターのレベルが低いと上手くマッチングがされずに、いつまでも仕事ができなかったり、派遣先が見つかったとしても自分の条件に合わないものだったりして、仕事が長続きしません。

コーディネーターのレベルを見抜くのは簡単なことではありませんが、受け答えがはっきりしていて親身な雰囲気を持っているコーディネーターがいるなら、ある程度安心できると言ってもいいでしょう。逆に、態度の悪いコーディネーターがいる場合は、その派遣会社は避けた方が賢明です。

【その4】福利厚生(社会保険や有休)

派遣社員は「非正規雇用」なんて言われていますが、実態としては、昔に比べると正社員並みの待遇が受けられるように改善されてきています。有給休暇を取得することも可能ですし、加入条件を満たせば社会保険(健康保険・厚生年金・労働保険)への加入でもできます。

とは言え、実際には有休がちゃんと取得できない、社会保険になかなか加入させてもらえない、ということもありますので、登録前にしっかりと確認しておくのがおすすめですよ。

若い人だと特に、「社会保険なんてあっても手取りが減るだけだから嫌だ」なんて考える人もいますが、社会保険はあった方がいいのです。国民年金と厚生年金では将来の年金受取額は全然違いますし、健康保険に関しても、たいていは国民健康保険に加入するよりも安いのです。

【その5】やりたい仕事があるか

派遣会社にも、得意な分野、苦手な分野というのがあります。たとえば、「大手企業の事務職が充実している」とか、「接客系の派遣が充実している」など、派遣会社によってカラーがあるものです。

登録しようとしている派遣会社の仕事内容を見て、自分がやりたいと思える仕事があるかどうか確認しておくのがおすすめです。中には、「とにかく働きたいから」といくつも派遣会社に登録する人もいますが、自分がやりたい仕事を扱っていない派遣会社に登録しても時間のムダだと思いませんか?

自分に合った仕事がある派遣会社から登録していくようにしましょう。

~まとめ~自分に合った派遣会社を見つければ仕事も見つかる!

やみくもに派遣会社に登録しまくったり、もしくは「ここ有名だよね」というだけで派遣会社を決めてしまう、というのはあまりおすすめできません。

今まで派遣として働いたことが無い人なら、試しに1つぐらいてきとうに登録してみるのもアリですが、自分が働きやすいと思える仕事を見つけるには、まずは自分に合った派遣会社を見つけるのが先決です。

派遣会社によって福利厚生や給料、仕事内容なども違うものなので、ぜひ登録の際には確認しておくようにしましょう!