人材派遣会社登録まとめ TOP >  面接対策 > 良い声・話し方だけで面接突破できるかも?

良い声・話し方だけで面接突破できるかも?

あなたは、話し方・声の出し方で損をしていませんか? 声の出し方や話し方によって、人の印象は大きく変わります。面接では話す内容が大事だというのは言うまでもありませんが、同じことを話していても、声の出し方・話し方によって、話の内容に対する印象まで変わってしまうんです。

つまり、面接では、声の出し方や話し方に気を付けることで、話の内容に重みや説得力を持たせ、面接官に良い印象を与えることができるというわけです。

声で損している人は多いです

声は人それぞれ持って生まれたものですから、変えられるわけがないと思っていませんか? たしかに、声には人それぞれ個性があるものですし、声を自由に変えることはできません。

しかし、声の出し方次第で、同じ人でも印象をガラリと変えることは可能なんです。

良い声の出し方の基本は、「腹から声を出す」こと。喉元だけで声を出しているような話し方だと、良い声は出せません。女性の場合で考えると分かりやすいと思いますが、友達同士でバカ話をしているときと、好みの男性と二人きりのときでは明らかに声質が変わるはずです。わざとじゃなくても、自然と声の出し方って変わりませんか?

また、家族と話すときには低い声の人でも、外で人と話すときには高めの声が出るという人も多いと思います。これらはあくまでも無意識で変えていることが多いものですが、意識的に声質を変えることができれば、面接のときにキレイな声を出すことができます。

理想は、アナウンサーや、百貨店のエレベーターガールの発声です。少しわざとらしい感もあるかもしれませんが、ああいう人たちの声は誰もが認めるキレイな声ですよね。ああいう声は、ほとんど誰でも出せると思います。

わたし自身も、アナウンサーとかエレベーターガールのような仕事ではありませんが、仕事を通じてキレイな声の出し方をマスターしました。ホームセンターでレジのアルバイトをしていたとき、館内放送もしなくてはならなかったのですが、毎日館内放送をしていると、だんだんとキレイな声が出せるようになってきました。

また、もう一つポイントを挙げるとしたら、「高齢の方にも伝わりやすい話し方」を心掛けることです。少し大きめの声で、なおかつゆっくりと聞き取りやすいように話しますよね。このとき、声質も自然と落ち着きのある感じになるはずです。わたしは、保険会社で働いていたときに高齢のお客様に接することが多く、キレイな声というだけでなく、柔らかい雰囲気の聞きやすい声を出すのが上手になりました。

もともとの声は人それぞれ個性がありますが、声の出し方を変えるだけで声質は全然違ってくるので、ぜひ試してみてくださいね。

話し方でも損していませんか?

声の出し方だけでなく、話し方でも得している人と損している人がいます。

まず、気を付けたいのが「えー」などの、無駄な音です。これ、本当にすごく多くの人がやってるのですが、「えー」が無ければ聞きやすいのに、「えー」のせいでかなり話が聞きにくくなってしまいます。

「えー、本日は、えー、面接の機会を、えー、いただきまして、えー、ありがとうございます」
「えー、わたしは、えー、御社の、えー、○○なところが、えー、素晴らしいと思いまして、えー」

文字に起こしてみても、かなりうざくないですか? 面接では緊張してしまうので、つい「えー」が入ってしまう人も多いんですが、ここに気を付けるだけでも、ずいぶんと聞きやすい話し方になりますよ。

「えー」の他にも、話す前に「あっ」とつく人もけっこう多いです。

また、話す時の体の動かし方にも注意が必要です。特に男性に多い気がするのですが、女性でもやってしまいがちなのが、「体をふらふらと動かす」、「小刻みに動かす」というものです。

話ながら、つい腕がぶらぶらと動いてしまったり、上半身がゆらゆらと左右に揺れてしまう人がいます。これでは落ち着きが無い印象を与えてしまいますね。小刻みに体が動く人もいます。貧乏ゆすりのように足を動かす人もいますし、指で机や自分の太ももをトントンと叩きながら話している人も多いです。これもやっぱり、落ち着きのない印象になります。

逆に、まったく動きが無いというのもイマイチです。ふらふら動くよりはマシなのですが、直立不動と言いますか、体がピクリとも動かずに話す人は、何を考えているのか分からない印象になり、話している内容も伝わりにくくなるんです。

よく言われることですが、相手に伝わる話し方をするには、身振り手振り(ジェスチャー)が必要です。アメリカ人ではないのでそこまで大きなジェスチャーは必要ないかもしれませんが、軽く手が動いたり、うなずいたりと、身振り手振りがあるだけで、話の内容も格段に伝わりやすくなるものなんです。

話し方と声の出し方だけで、あなたの印象は大きく変わります。面接対策と言うと話す内容ばかりに気を取られがちですが、ぜひ、声の出し方や話し方にも気を付けてください。それだけで、あなたが話す内容は相手に伝わりやすくなり、また、話の内容に説得力をもたせることもできますよ。