人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 慎重に!困った上司のことをさらに上の上司に相談しても大丈夫?

慎重に!困った上司のことをさらに上の上司に相談しても大丈夫?

ID828

困った上司に悩まされている人は少なくないと思います。理不尽な要求をされたり無視されたり差別されたり……。パワハラを受けているという人もいるでしょう。

では、そのような上司に耐えきれなくなったら、さらに上の上司に相談してもいいものなのでしょうか?

「相談」の基本

会社は縦社会の要素が強いところです。そして、何か相談したり報告したりする相手は、「直属の上司」というのが基本です。仕事を休みますとか、結婚しますとか、退職しますとか、そういったことはまず直属の上司に伝えなくてはなりません。

では、その直属の上司のことで困っている場合、誰に相談すればいいのでしょうか?
「まずは直属の上司」という基本を守るのであれば、直属の上司に直接「言うことをコロコロ変えるのはやめてください」「差別するのはやめてくださ」というように訴えることになりますが、それはとても難しいものです。

上司のさらに上の上司に相談してもOK

直属の上司のことで困っているなら、その上司のさらに上の上司に相談してみる、という方法もあります。課長のことで困っているから部長に相談してみる、ということですね。

それはたしかに有効な手段かもしれませんが、安易に相談してもいけません。

なぜなら、さらに上の上司に相談するということで、仕事やあなたの立場に悪影響を及ぼす可能性もあるからです。

本来は直属の上司に相談すべきことを、順番を抜かしてもう一つ上の上司に相談するということは、まず直属の上司の評価を下げることになります。もちろん、困った上司の問題を解決してもらう必要はありますが、必要以上に自分の上司の評価を下げることは、あなたのためにもなりません。

もしくは、あなた自身の評価だけがさがってしまう可能性もあります。
部下にパワハラしている上司でも、自分の上司にはごますりが上手い人っていますよね。

もし、上の上司があなたの直属の上司のことを気に入っていたり、もしくは直属の上司の根回しがされていれば、たとえ上の上司に相談してもまともにとりあってもらえないこともあります。それどころか、「あなたが悪いんじゃないの?」というようにあなたが責められてしまったりして、会社での立場がなくなってしまう恐れもあります。

まずは直属の上司に相談してみよう

やはり、はじめは直属の上司本人に相談するのがおすすめです。相談というよりも直談判という感じになりますが、あなたが上司の対応で困っていることや、改めて欲しいことがある、ということを伝えた方がいいです。

そうやって直談判することで、対応をあらためてくれる上司も中にはいます。あなたが直接相談することで問題が解決するのであれば、それが一番平和的な解決ですし、誰の評価も落とさずに済みます。

それでもダメならさらに上の上司に報告を

直属の上司に直談判してもダメなこともあります。こちらが真面目に訴えればそのときは「わたしが悪かった。改める」と言ってもらえますが、しばらくするとまた元通りになってしまう、ということもあります。

元通りになったときには諦めずに何度も直談判するというのもいいですが、そういう人は何度訴えたとしてもそう簡単には変わってくれません。ですから、直属の上司に訴えてダメなら、すぐに上の上司に相談してもいいんです。

上の上司に相談するときには、これまでの経緯もきちんと伝えておきます。直接話をしたがダメだったことも伝えてくださいね。また、相談するために、今まで自分がされたことや上司の問題を書面にまとめて渡してもいいでしょう。
※書面にすると証拠として残るので、話を盛らないようにしましょう。

上の上司に相談すれば、真摯に対応してくれることもあると思います。

上の上司に相談してもダメな場合は?

それでもダメだった場合は、さらに上の上司に相談する、という方法もあります。小規模な会社であれば、社長に言ってもいいでしょう。大きな企業の場合は人事部があると思うのでそこへ相談します。もしくは専用の相談窓口を設けている会社もあると思うので、調べてみてください。

ここまで来たら、「クビになったらどうしよう」という心配は必要ありません。
どこかにまともな上司がいればちゃんと対処してくれるはずです。我慢し続けていても上司の行動が改善されるわけではないので、きちんと対応してもらえるまで繰り返しさらに上の上司に相談してみましょう。

退職するという方法もある

もし、上の上司に相談し続けてもダメだったら、そのときは退職した方がいいでしょう。
直属の上司だけでなく、さらに上の上司もみんな「困った上司」だからです。

役職についている人がパワハラ問題と向き合おうとしない会社で、ずっと働くことに何の意味があるでしょうか?あなたに落ち度があるなら別ですが、そうでないならそんな会社はさっさと辞めて、もっとあなたを必要としている会社を探しましょう。

困った上司というのはどこにでもいますが、それでも限度はあります。あまりにもひどい場合はその会社に固執するのはやめて、もう少し自分がいきいきと働ける仕事を探してみてくださいね。