人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 「最低いくらあれば生活していけるか?」を知れば転職も楽になる

「最低いくらあれば生活していけるか?」を知れば転職も楽になる

あなたは、自分がいくらあれば生活していけるのか、正確に把握していますか? 多くの人は、実際に自分が最低限いくらあれば生活していけるのかを、あまり把握していないように思います。

というのも、家計簿をつけていても貯金が無い人はたくさんいますし、そもそも家計簿をつけるのが続かない、という人が圧倒的に多いからです。家計の管理がうまくできていない人は、当然自分の生活費にいくら必要なのかも正確に把握はできていません。

しかし、生活費として月々いくら必要なのかを把握していないと、仕事を探す際にも苦労してしまうんです。

給料が多ければいいという問題ではない

転職するときには、なるべく給料の高いところがいい、と思うものです。しかし、給料が多ければバラ色の人生が待っているかというと、そうではありませんよね。

まず、給料が多い仕事でも、私生活を犠牲にしなければならないことがあります。
いくらお給料が多くても、月に100時間も残業しなければならなかったり、休日返上で働かなくてはならなかったりしたら、私生活は充実させられませんよね。「今はとにかくお金を稼ぎたい!」と、私生活を犠牲にしてまで働く人がいるのもいいと思うのですが、家族がいる人や、自分の趣味や遊びも楽しみたいという人であれば、プライベートを犠牲にしてまで多くの給料を得るよりも、お給料はそこそこで、私生活を充実させられる仕事を選んだ方が幸せです。

次に、給料が多い仕事についていても、借金まみれになって自己破産する人もいる、という事実があります。
年収1000万円以上ある世帯でも、つい借金をしてしまい、雪だるま式に借金が増えて、とうとう自己破産してしまう……ということはあります。きっかけは、「たまたま大きな買い物をしたときに分割払いにして、それから分割払いやリボ払いを使うのが癖になってしまった」など、些細なことです。しかし、年収以上に贅沢な生活をしていると、当然いくら年収が多くても生活は破たんしてしまいますよね。「いくらで生活していくのか」ということをきちんと管理していないと、誰でも簡単に借金地獄に陥ってしまうのです。

そして、給料が多い仕事に、必ずしも就けるわけではありません。
いくら給料が多い求人情報があったとしても、その仕事に採用してもらえるわけではありません。月50万欲しい!と思っていても、そんな仕事そもそもほとんどありませんし、見つけたとしてもそれはもっと優秀な人が採用されるので、自分が採用される可能性は限りなく低い。自分に必要な生活費を把握していないと、本来必要な金額を超えて、それ以上のお金を稼がないと不安を感じてしまうことになります。それでもその仕事には採用してもらえませんから、自分の自信も失い、他の仕事にも採用されにくくなる、という悪循環に陥ってしまうのです。

余談ですが、わたし自身も、初めて一人暮らしをしたときには自分がいくらあれば生活していけるのかがまったく見当がつかず、とにかく高収入のバイトばかりに手を出しました。そして、いくらあれば生活できるのかがわかっていないので、いくら稼いでも不安が続きます。冷静に考えればある程度は分かるものですが、若いころは知識もなく、ただ漠然とした不安しか抱えていなかったので、仕事をするしかなかったのです。

自分の「最低限」を知ろう

最低限必要な生活費が把握できていれば、仕事でいくら稼げばいいのかもわかります。「最低限、月に15万円あれば生活はしていける」という人であれば、とりあえずは15万円以上稼げる仕事を探せばいいですよね。高望みしなくても、とりあえず15万円あれば生活はしていけます。

もし、あなたがプライベートを充実させたいと思うのであれば、月収15万で、なるべく休日が多く、勤務時間が短い仕事を選ぶことができます。

もし、あなたが社会人経験が少なく特にスキルも無いのであれば、とりあえず15万円を稼ぎながら、社会勉強ができるような仕事を選ぶといいでしょう。

このように、自分にとって必要な生活費を把握し、それに見合った仕事を探すようにすれば、あとは自分のスキルや実績、理想の働き方に合わせて仕事を選んでいくだけですから、やみくもに高収入の仕事を探すよりも、転職活動も楽になりますし、より自分に合った仕事を選べるようになりますよ。