人材派遣会社登録まとめ TOP >  面接対策 > 面接で「何か質問はありますか?」と聞かれたときは?

面接で「何か質問はありますか?」と聞かれたときは?

面接の際には、必ず最後に「では、最後に何か質問はありますか?」と聞かれると思います。このとき、正直に気になっていることを聞いてもイイのでしょうか? それとも、手短に済ませた方がいいのでしょうか?

何もない、はやめた方がいい

「何か質問はありますか?」と聞かれたことに対して、「特にありません」という人は非常に多いです。別にそれでもいいのですが、面接官の印象には残りにくいですし、面接官によっては「うちの会社に興味がないのかな」、「本気で働きたいとは思ってないのかな」なんて思われてしまうことも。

特に聞きたいことが無くても困らないように、一つは質問を用意しておいた方がいいでしょう。

自分が入社した場合の今後のキャリアについてもいいですし、その会社の業績に関することでもかまいません。ただ、ネットを調べればすぐにわかるような質問や、自分で考えて答えを出すべき質問のような、トンチンカンな質問はしないでくださいわけのわからない質問をするぐらいなら、なにも言わない方がましです。

質問の内容は面接のとき考えようと思っていても緊張のせいでなかなか思いつかないものですから、先に考えておいてくださいね。

いくつも質問してもいい?

面接の最後の質問では、1つ質問するぐらいで終わってしまう人も多いと思います。でも、あとになって気になることや知りたいことが出てくることは珍しくありません。

面接の最中にいろんな質問が浮かんできても、実際には質問せずに、「いえ、特にありません」と答えてしまう人も多いんですよね。
では、実際にはたくさんの質問をすることはマイナスになるのでしょうか?

これは、面接官にもよります。面接官によっては、応募者からの質問を重視しておらず、さっさと選考に移りたいと考えている人もいます。逆に、「質問をたくさんしてくれる人にはとことん付き合い、うちの会社に入るかどうか見極める材料にしてほしい」と考えている人もいます。

ただ、どちらにせよ、質問をいくつもすることはマイナスになるどころか、プラスになることも多いと思います。じっくり向き合ってくれるタイプの面接官だと、いくつも質問をしてくれる応募者がいるとうれしくなるものです。「本気で入社したいと考えてくれているんだな」と感じてもらうことができ、選考にも良い影響を与えるでしょう。

さっさと質問を済ませてほしいと思っている面接官でも、他の応募者がほとんど質問しない中で、たっぷり質問をしてくる応募者が要れば印象に残りやすいですし、質問内容が良ければ真剣さが伝わり、「この人を採用した方がいいかもしれない」と思ってもらうことができるでしょう

もちろん、いくつも質問すると言っても、トンチンカンな質問をしてはいけません。会社のホームページを見れば書かれているようなことを質問すれば、逆に「ちゃんと見てないんだな」と思われてマイナスになってしまいます。

もし、自分がよく知らない業界へ応募したのであれば、「不勉強で申し訳ないのですが」などと頭につけてから質問すると、面接官も「親切に教えてあげよう」という気持ちを持ちやすくなりますよ。

質問があるなら、事前にまとめておこう!

面接前に、1つは質問を用意しておきたいものですが、他にも聞きたいことがないかじっくり考えてみましょう。後から不明な点が出てきてもモヤモヤしてしまいますし、どうせなら後から問い合わせるよりも、面接の際に質問した方が詳しく回答をもらえますし、面接官へのアピールにもなります。

いくつか質問を考えた場合は、メモを見ながら質問をしてもかまいませんし、答えをメモにとってもかまいません。質問すること自体は何も悪くないどころか、むしろ面接官に対して真剣さをアピールしやすくなりますから、調べても考えても分からないことは、どんどん質問してみてくださいね。