人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 面接を受けるとき、あなたが目指しているのは内定をもらうことですか?

面接を受けるとき、あなたが目指しているのは内定をもらうことですか?

ID718

いい仕事というのは人気が高いので、競争率も高くなります。その競争を勝ち抜くためには、どのようにすればいいのでしょうか?内定をもらえる人と内定をもらない人との差は一体何なんでしょうか?

それは、目指しているところです。

内定をもらうことが目的ではない

面接を受けるのは、いったい何のためですか?

内定が欲しいから。

そう思っている人は、内定をもらえない人です。

正解は、「その会社で働いて○○がしたいから」です。
○○に入るのは、「お客様の役に立ちたい」とか「お金がほしい」とか、その人なりの理由があるはずです。

こうやって考えている人が、内定をもらえるのです。

内定をもらえる人は具体的な話ができる

その会社で働いて○○がしたい!と考えている人は、面接をすればすぐにわかります。

そういう人は、話の内容が具体的なのです。
そして、質問に対して答えるときに自分がその会社で働くことを前提にして答えるのです。

だから、一応「御社」とは呼びますが、気分はすっかりもうそこの社員です。そこで自分がどんなことをしたいのか、そこで自分がどのようにして役に立つのか、といったことを具体的に話すことができます。

すると、採用担当者も「そこまで思ってくれているならぜひ一緒に働きたい」とか「そこまで具体的に考えられる人こそ採用したい」と考え、内定が決まるのです。

一方、内定がもらえない人は話が抽象的です。
それは、内定をもらうことしか考えておらず、入社した後のことを想像できていないからです。だから、「御社の○○に惹かれて志望しました」みたいなどの会社の面接にも使えそうな志望動機を語り、質問に対しても自信なさげに答えたり、もしくは「とにかくがんばります!」みたいに精神論で乗り切ろうとしてきます。

そういう応募者は山ほどいて、いくら自分なりにがんばったとしても内定をもらうことはできません。そういう人が採用されるのは、誰でも雇ってもらえるような大量採用の仕事か、もしくはよほど人手不足で困っている上に他に応募者がいないような会社だけです。

入社後のことを想像してから面接に行こう

内定をもらえない人は、入社するまでのことしか考えていません。一方、内定をもらえる人は入社後のことを考えています。
だから話の内容も、話す雰囲気も、両者にはかなり大きな差が生まれるのです。

「どうやったら内定がもらえるのか」ということばかりを考えていては、何社受けてもなかなか採用してもらうことはできないのです。内定をもらいたいと思うなら、ぜひ入社後のことを想像してみましょう。

そして、入社後に自分が何をしたいのか、どのように会社に貢献しようと思っているのかを語ってください。もちろん、人気のある仕事はそうやって入社後のことを語れる人が何人もいるでしょうから必ずしも内定をもらえるとは限りません。

でも、意識を変えるだけで内定をもらえる可能性は大きく変わるはずですよ。これから面接を受けようと思っている人は、ぜひ参考にしてくださいね!