人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 目標を立てるなら、5年後の自分が何をしているかを考えよう

目標を立てるなら、5年後の自分が何をしているかを考えよう

ID693

人間にとって、目標は重要なものです。目標なく生きていると、自分がどこに向かうべきなのかが分かりません。でも、何か目標を持っていれば、その目標に向かって走ることができます。

そこで考えていただきたいのが、5年後の自分です。

自分がどうなりたいのかを考えよう

仕事をする上では、目標を指定されたり、もしくは強制的に目標を定めさせられることもあります。(それをノルマと言います。)

でも、仕事上だけでなく、自分の人生全体の目標についても言えることですが、強制される前に、自分から進んで目標を立てることが重要です。

あなたは、5年後にどうなちたいですか?5年後でなくても、3年後でもいいですし、10年後でもいいです。「1年後の自分」「2年後の自分」というように細かく考えてみてもいいですね。

ドコモのCMでは「3年間で人生は変わる」と言っていますが、まさにその通りです。3年後、5年後には、あなたは今と同じことをしているわけではなく、仕事か生き方か家族構成か何かしらは大きく変わっているはずです。

過去5年間がどうだったか考えよう

5年後の自分、と言われてもいまいちイメージが湧かない方も多いと思います。5年間でいったいどれぐらいのことができるのか、どれぐらい成長できるのかはよく分かりませんよね。

そこで考えるのが、今から5年前の自分です。
5年前のあなたは何をしていましたか。
そのときの自分と比べて、今の自分はどうなっていますか?

きっと、今の自分と5年前の自分では全然違うと思います。もちろん、年をとった分しわが増えたとかシミが増えたとかちょっと太ったとかの老化的なこともあると思いますが、「仕事が変わった」「結婚して子どもが生まれた」「付き合う友達が変わった」など、いろいろな変化に気が付くはずです。

でも、今の自分と5年前の自分は全然違いますが、ある日突然変身したわけではありません。5年という歳月をかけて、少しずつ変化してきたわけです。

そうして考えてみると、過去5年間の自分の過ごし方が今の自分を作っているということになりますよね。
過去5年間、仕事をがむしゃらにがんばってきた人は収入が増えたり、もしくはより良い待遇の会社に転職をしたりしているでしょう。
逆に過去5年間、あまりがんばってこなかった人は、仕事は特に変化していなかったり、場合によっては状況が悪化している人もいるかもしれません。

では、今から5年後、自分はどうなっているのがいいのでしょうか。

5年間でできそうなこと、やりたいことを考えよう

過去5年間の自分の過ごし方や5年前との変化を考えれば、今から5年後までにどれぐらいのことができるのか、ということも分かってくると思います。

5年後の目標というのは、もちろん一つである必要はありません。むしろ、たくさん考えましょう。仕事のこと、家族のこと、住まいのこと、体型のことなど、さまざまな視点からさまざまな目標を考えてみましょう。

実際に、今考えた目標が5年後にすべて達成できるかは分かりません。途中で方向転換をして、達成する必要がなくなる目標もあるでしょう。

でも、こうやって目標を立てることは、あなたの人生をより楽しく生き易くしてくれるはずです。ぼんやりと目標を考えるだけでは達成できるかどうかわからないような目標を立ててしまいがちです。
長期的な目標を考えるときには、過去の自分からの変化も参考にしつつ、具体的な目標をたくさん考えてみてくださいね!