人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 仕事には対価が必要!これ以上タダ働きしないために考えること

仕事には対価が必要!これ以上タダ働きしないために考えること

ID668

働くことで、わたしたちはお給料をもらっています。もしそれがタダ働きだったら、絶対にその仕事はしません。お金が無いと生活はできませんし、よほどの資産が無い限りはタダ働きはできません。

でも、実際にはタダ働きが増えすぎてしまっている人もいるのではないでしょうか?

必要以上に働く必要はあるのか?

お給料は、あなたがした仕事に対する対価です。もともと25万円のお給料で雇用された人が、次第に重大な仕事を任されるようになったら、お給料も上げてもらう必要があります。そうでないと、「割に合わないから」です。

重大な仕事を任されたり、リーダーに任命されたり、というときには、役職がついて給料が上がるのが普通だと言えます。でも実際には、そうでもない会社は多いです。

会社からすれば、支払う給料というのは「コスト」です。
コストを削減しないと利益が増えませんから、会社としてはコストを下げたい=社員の能力が上がってもお給料は上げたくない。

もちろん、昇給をしなければ社員の士気が下がり、優秀な社員が他社に転職してしまうこともありますから会社側も努力が必要ですが、つねに社員のことを考えて高待遇をしてくれる会社ばかりではありません。

ですから、少しずつやるべき仕事が増えたり責任が増えたとしても、給料が上がらずに、仕事が大きくなった分は実質的にタダ働きになってしまうことがあるのです。

交渉すべきかしないべきか

お給料が今の仕事内容に見合わない場合、会社に交渉をしてもいいでしょう。ただ、必ずしもそれが正解とは言えません。

仕事によっては、タダ働きでもやるべき仕事だってあります。たとえば公共性の高い仕事、社会貢献になるような仕事で、なおかつ会社も利益を低くしておこなっているような業務の場合は、会社のやり方に賛同できるのであればタダ働きでも受け入れるべきでしょう。

それに賛同できない・受け入れらないという場合は、昇給の交渉をするのではなく、その仕事を断ってしまった方がいいかもしれません。

また、まだ自分自身が仕事を「やらせてもらっている」という状態なら、タダ働きになっていても受け入れた方がいいこともあります。つまり、仕事の責任は増えたけれど、自分はまだまだ未熟で、会社に育ててもらっている、支えられている、という自覚がある場合です。この場合は、むしろ「お給料をもらいながら勉強をさせてもらっている」という状態なので、昇給を言わない方がいいかもしれません。

ただ、こういったケースに当てはまらないのであれば交渉してもいいでしょう。こちらから交渉しないとなかなか昇給しないこともあるのですから。

交渉するならはっきりと言おう

いろいろ考えてみた上で、やっぱり給料が見合わない、昇給してほしいと思う場合は、はっきりと昇給してほしいということを伝えましょう。

こちらから言わない限りは、会社としては「本人は納得した上でこの仕事をしている」と思ってしまいますから、かならず伝えましょう。

交渉は、成功するとは限りません。会社に十分な余力が無ければ、いくら上司が一緒に交渉してくれたとしても難しい場合もあります。ただ、昇給してほしいと伝えるだけでも、十分に意味があることです。

昇給しなくても、今まで通りがんばろう

多少の昇給であれば対応してもらえることが多いですが、もしダメだったとしても、そこでふてくされたりせずに、今まで通り仕事を頑張るのがおすすめです。

会社としては、昇給の希望を断わるというのは要は「社員に対して借りを作る」ということです。逆の立場になってみれば分かりやすいのですが、頑張っている人に対して十分なお給料を払えないのは、心苦しいものです。業績が上がったり、また別の機会があれば、どこかでこの借りを返したいと思いますよね。

だから、一度昇給を断わられたからと言ってやる気をなくしてはいけないのです。

交渉の結果、仕事を断わってもOK

もし交渉が上手くいかなかった場合、「これ以上がんばれない」と思うなら、今引き受けている仕事を辞退してもいいと思います。今後もその会社で活躍したい、もっとがんばって利益を上げて、給料も上げたい、と思えるならいいですが、そう思えないこともあります。

モヤモヤした気持ちを抱えながら働くのはストレスも溜まりますし、仕事も辛くなる一方です。
これ以上タダ働きをしないためには、まず昇給の交渉をすることが大切です。その結果と、そのときの自分の思いを考慮して、その後の対応を決めるといいのではないでしょうか。
今、たくさんの仕事を引き受けていてタダ働き状態になっている人は、ぜひ参考にしてくださいね!