人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 面接で失敗する人がやりがちなNG行動

面接で失敗する人がやりがちなNG行動

ID665

面接では、やってはいけないことがたくさんあります。たとえば、座ってくださいと言われる前に座るとか、座った時に足を組むとか、前の会社の悪口を言うとか……。

でも、実はけっこう知らないという人もたくさんいます。そこで、面接の際にやってはいけないNG行動を一通りご紹介したいと思います!

面接前~着席するまで

まず、面接室に入る前から面接は始まっていると思いましょう。たとえば、面接前にタバコを吸ってくるのはNGです。直前に吸ってくると強烈にニオイが残ります。面接官も直前にタバコを吸っていたとしたらバレることはありませんが、そうでない場合はすぐにバレます。タバコがキライな人も多いので、面接の前1時間ぐらいは吸わない方が無難です。

また、待合室などでの過ごし方も注意。ぺちゃくちゃ電話をしているとか座り方がだらしないとかいうのは最悪です。待合室や面接室へ行くまでの廊下でも、誰に見られているか分かりません。すでに面接は始まってると意識して、優等生な振る舞いをしてください。

名前を呼ばれたら面接室に入りますが、その際にノックをせずにいきなり入るのはNGです。必ずノックをして、「どうぞ」と言われてから入室するのがマナーです。さらに、細かいことですが、ノックの回数にもマナーがあります。多くの人は「コン、コン」と2回ノックをしますが、これは間違い。3回もしくは4回が正解で、基本的には3回ノックをするのがおすすめです。(4回が正式ではありますが、一般的ではないので3回の方が無難です。)2回のノックは、「トイレノック」と言ってトイレをノックするときに使う回数です。

さて、入室したら、無言で突っ立っているのはNGです。イスのあたりまで行って、自己紹介をします。簡潔に「(自分の氏名)です。よろしくお願いいたします。」とだけ言えばOKです。そして、面接官に「座ってください」と言われたら座ります。

面接中の行動

面接が始まったら、会社概要や業務内容などの簡単な説明があったりして、それからあなた自身の話にうつります。基本的には履歴書をもとに質問が進められますが、いくつもの質問を受けることになります。

質問に長々と答えるのはNGです。質問の回答は簡潔に述べましょう。長々と詳しく話しても、「この人は要点をまとめて話すことができない」というマイナスの評価をされてしまいます。志望動機については比較的長く話してもOKですが、それ以外の質問には一言、二言ぐらいで答えましょう。面接官が、「さらに詳しく知りたい」と思えば追加で質問してきますから、自分からべらべら話す必要はありません。

下を向いていたり、声が小さかったりするのもNGです。面接中は面接官の方を向くべきです。目を見つめてしまうと変な感じになりますが、眉間のあたりを意識して見ると自然なカンジになりますよ。そして、声はハッキリと聞き取りやすい音量を意識しましょう。声が小さくては伝えたいことも伝わりません。

さらに、腕を組む・足を組む・髪の毛を触るなど、普段の癖を出してしまうのもNGです。クセは、緊張しているときに出やすいものです。緊張しすぎるとうっかりいつもの癖をやってしまうこともありますので、何度も面接の練習をするなどして、本番で普段の癖が出てしまわないように対策をしておきましょう。

一通り面接が終わったら、最後は立ちあがって「ありがとうございました」と言って退室しましょう。もちろん、面接室を出てからも油断せず、優等生な振る舞いで帰ってくださいね。

面接に受からない人は基本ができていない

面接になかなか通らない人というのは、今回紹介したような基本的なことができていない人が多いです。正直、ノックをしなくても、ノックが2回でも仕事をする上では問題ないかもしれません。でも、それでも採用してもらうことはできないのです。

面接の基本が出来ていない人は、まず常識を疑われます。面接のマナーというのは細かいこともありますし面接特有のマナーもありますが、たいていは働く上でも必要となるビジネスマナーです。それができていないとなると、採用したいと思われるはずがありません。新卒採用ならまだしも、中途採用などの場合は一からマナー教育をする余力は企業にもありません。

もう一つ、常識だけでなく、「熱意」が無いと判断されることもあります。もし、本気で採用されたい!と思っているなら、面接対策を自分なりにしてくるはずです。あらかじめ面接のマナーや面接のコツを調べていれば、基本的なマナーを知らないはずがありません。それを知らないということは、そこまで熱意が無いと判断されても仕方ないのです。

今回は、比較的オーソドックスな面接マナーを紹介しましたが、みなさんは出来ているでしょうか。面接のマナーは業種・職種によって微妙に違ったりしますから、面接を受ける前に、ぜひ自分でも調べてみてくださいね!