人材派遣会社登録まとめ TOP >  健康管理 > 忙しい人が健康に働き続けるために!心と体のケアをする時間を捻出する方法

忙しい人が健康に働き続けるために!心と体のケアをする時間を捻出する方法

ID654

仕事で成果を出し続けていくためには、健康であることが重要です。そこで必要なのは、心と体のケア。でも、忙しいと自分のことがおざなりになってしまうものです。かと言って、そのままないがしろにし続けたら、どこかで限界が来るはずです。

では、忙しい中でも心と体のケアをするためには、どうやって時間を作ればいいのでしょうか?

心や体のケアの仕方はこちら
忙しい人ほどやっている!体のケアの仕方
心のケアをしていれば、仕事もプライベートも充実する!

時間をかけなくてもOK!

心と体のケアには、そこまで多くの時間が必要なわけではありません。
たっぷりケアしても、せいぜい1日あたり30分程度あれば大丈夫です。

1日30分の時間も取れない、というほど忙しい人はそう多くはありません。
みなさんも、普段の自分の生活を振り返ってみましょう。30分ぐらいであれば、捻出できそうだと思いませんか?

30分という時間は、一度にまとめてとる必要はありません。
朝に10分、昼に10分、夜に10分、というのでもいいですし、朝に10分、夜に20分というのもいいですね。トータルで30分程度の時間を取るぐらいなら、できそうだと思いませんか?

自分のための時間も予定の一つにしよう

「時間があるときにケアしよう」と思っていても、時間が空くことはありません。お金はあればあるだけ使ってしまうのと同じように、時間もあればあるだけ使ってしまうもの。

だから、自分のケアのための時間は、予定としてスケジュール帳に書き込んでしまうことをおすすめします。予定に入れていなければ、「あともうちょっと仕事してから帰ろう」なんて思って予定がずれこみ、結局時間が無くなってしまうものです。

また、時間があると思うとどうしても仕事の効率も落ちてしまいますので、より短い時間で仕事を仕上げて、自分のための時間を確保する必要があります。

予定として自分のための時間を確保しておくと、次第にケアのための時間は習慣となります。毎日歯みがきをするのと同じように、毎日エクササイズをしたり瞑想をしたりという時間を過ごせるようになるので、いずれはスケジュール帳に書き込む必要がなくなりますよ。

手を抜けるところは抜いてしまおう

時間が無いという人は、手を抜いていいところにまで丁寧に取り組んでいることがあります。完璧主義な人も多いです。でも、本来仕事に完璧というものはありません。

かけようと思えばいくらでも時間をかけられます。それは家事でも同じこと。仕事や家事の中には、そこまで丁寧にやらなくていいものもありますし、省いてしまっても問題ないものもあります。
手の抜きどころを見極めてメリハリをつけて生活していれば、今よりももっと多くの時間を自分のために使えるようになりますよ。

自分の時間をないがしろにしていると、いつかは仕事でも限界がきます。精神的に疲れ果ててしまうこともありますし、体を壊してしまうことだってあります。そうなってしまっては今まで通りに働くことができなくなってしまいます。

自分の心と体のケアをきちんとしていれば、今以上に仕事の成果を出せるようになります。生産性が上がるので、今までより短い時間で今まで以上の成果を出せるようになるでしょう。忙しいと自分のための時間を削りがちですが、本当に忙しい人は、自分のための時間を大事にしているものです。

ぜひ、みなさんも心や体のケアをして、健康に働き続けてくださいね!