人材派遣会社登録まとめ TOP >  面接対策 > 採用されないのは、早口で話しているからかもしれません。

採用されないのは、早口で話しているからかもしれません。

仕事を探していても、スムーズに採用が決まるとは限りません。何社受けてもなかなか採用が決まらずに悩んでいる人もいると思います。このご時世ですからなかなか希望の仕事に就くのは難しいものですが、もしかすると、あなたの話し方のせいで、採用のチャンスを逃しているのかもしれません。

早口の人は採用されにくい

面接の際に緊張してしまうのは当然のことですが、あなたは緊張したときに早口になってしまうタイプではありませんか? もし、早口で話してしまっている気がするなら、早口を治すだけで採用が決められるかもしれません。

面接は緊張しますから、自分をコントロールするのが難しくなるもの。でも、早口というのはちょっと訓練すれば直すことができますから、安心してくださいね。

早口で話してしまうと、まず、聞き取りにくいという難点があります。せっかく一生懸命話していても、早口すぎて聞き取れなくなってしまっている可能性があるんです。聞き取れなければ、当然あなたの主張は面接官に届いていませんから、採用されるはずがありません。

また、面接官もある程度は「この人は緊張しているから早口になっているんだな」ということは理解してくれるものの、緊張するたびに聞き取れないほど早口になってしまう人を、積極的に採用したいとは思えないものです。

早口の原因とは?

早口になってしまうのは、もちろん緊張のせいですが、それだけではありません。

まず、緊張のせいではなく、普段から早口の人もいると思います。特に、今まで接客業の経験が無い人、自分の話し方について意識したことが無い場合は、早口になっていても誰も指摘してくれるわけではありませんから、自分で気づいていないことも。

友達や家族というのはお互いに分かり合っている仲ですし、よく話していますから、あなたが早口で話していても聞き取れるんです。問題は、初対面の人や普段話さない人に対して自分の話が聞いてもらえているのか? 慣れていない人に聞き返されたり、「あれ?聞こえなかったかな?」と思ってしまうほど相手の返事がうやむやな感じになっている場合は、自分の早口を疑った方がいいでしょう。

また、面接をこなしすぎて早口になっている可能性もあります。何社も受けているうちに、自己アピールや志望動機などは、話し慣れてくるものです。人は、慣れてくるとだんだん早口になりがち。電車の車内アナウンスが聞き取りにくい原因の一つは、毎日同じことを話し過ぎて慣れているからとも言えます。

何社も面接を受けていると同じ話を何度もしているわけですから、自分自身が慣れてしまってつい早口になりがちになってしまいます。

早口にはメリットもある

とは言え、早口は一概に悪いとは言えません。相手に聞き取ってもらえないほど早口になるのは困りますが、聞き取れる程度の早口であれば、メリットもあるものです。

そのメリットとは、「明るく仕事がデキる人間に見られる」ということ。

早めのテンポで話す人は、頭の回転が良いというイメージがあります。また、ハツラツとしていて元気で、仕事を任せたらがんばってくれそう、と相手に思わせることもできます。

だから、早口自体が悪いのではありません。無理に、ゆっくり話す必要はないんですよ。

早口を治す方法

早口を改善するためには、まず、今よりもゆっくりめのテンポを意識して話す練習をするのが一番です。速さを気にせずに話していると、緊張するとつい早口になってしまいますから、面接練習としてゆっくりめのテンポで何度も話してみて、今までとの違いを感じてみてください。

また、小学生の音読のように、句読点を意識して話すのもおすすめです。小学生が音読するときには、読点(、)では一拍、句点(。)では二拍、心の中で数えます。そうすれば、たとえ早口でも文章の構成がわかるので、相手も聞き取りやすくなりますよ。

さらに、少し大きめの声で、口を大きく開けて話すように意識してみましょう。早口でも聞き取りやすい人というのは、ハキハキと大きな声で話すものです。口をほとんど開けず、小さな声でボソボソ話している人は、早口だと救いようがないほど聞き取れなくなってしまいます。

すでに述べたとおり、早口で話すことにはメリットもあります。必要以上にゆっくり話す必要はありませんから、ぜひ話し方を改善して相手に伝わる話し方をしてくださいね。