人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 若くして子供を産んだ女性のその後の働き方

若くして子供を産んだ女性のその後の働き方

現在、女性の第一子出産年齢は30歳程度だと言われています。晩婚化が進むのと同時に、初めて出産を経験する年齢も遅くなってきているんですね。しかし、一方で早くに結婚し、早々に出産を経験する人もいます。20歳前後で出産を経験した人の場合、その後はどのような働き方をすれば経済的に困らずに働き続けることができるのでしょうか?

一般的なキャリアプランは参考にならない

「結婚したら仕事をやめて専業主婦になる」なんて生き方も今は昔。今は専業主婦になる人よりも、働く女性の方が多いものです。共働き世帯は半数を超えています。

とは言え、結婚する年齢は遅くなってきているので、一般に言われるような女性のキャリアプランは若くして出産した人にマッチしたものではありません。

30歳ぐらいに結婚して、その後出産というパターンがモデルになっているんですよね。大学を卒業した後に就職し、30歳で結婚するまで働いたとすれば、それなりのキャリアがありますから育休もとりやすいですし、結婚を機に退職した人であってもその後再就職することは案外難しくなりのです。

ところが、20歳前後で出産した人の場合は、そもそも大学を卒業していない人も多いですし、正社員として働いた経験もなく、中にはアルバイト経験すらないという人もいます。そのような人は、「子持ち」と言うハンデを抱えた上で就職活動をしなければならないので、良い仕事が見つからないという人も多いのではないでしょうか?

21歳で出産した筆者の場合

かく言う筆者自身も、子供を21歳で生みました。大学は2年で中退し、その後すぐに結婚、出産も経験しました。アルバイト経験はあったものの、大学は中退していますし、特別な資格もなく、運転免許すらありませんでした。

筆者の場合は子供は一人なので、最短で22歳になる頃には働ける状態ではありました。ただ、はじめのうちは専業主婦として家計を守っていて、働きに出たのは子供が1歳半のときでした。

せっかく働くなら正社員の方がいいと思い仕事を探し始めましたが、正直自信はありませんでした。そのため、マザーズハローワークに行き、マンツーマンでの職業相談を受けたのは、正解でした。マザーズハローワークとは、子供を連れていきやすいハローワークで、働きたいママのための相談をおこなっています。担当者は固定制で、「毎回担当者が変わるから毎回同じ説明をしないといけない」なんてこともありません。求人情報も、ママ向けのものをまとめてあったりするので、仕事が探しやすくなるんですよ。

おかげで、このとき、無事に正社員としての仕事を探すことができました。年収230万円程度の収入でしたが、土日祝休みで17時に終われる仕事としては、上出来だと思います。(ワガママは言えませんよね;)

その後、家庭の事情でその仕事は退職しましたが、次の仕事でも正社員になることはできました。はじめはアルバイトとしての入社でしたが、仕事ぶりを評価され正社員登用されたのです。このときも年収は250万円程度。それでも、共働きであれば十分な年収だと言えるでしょう。

さらに、現在はまた別の仕事をしていて年収も300万を超えることができましたが、筆者も30歳を超え、今後のキャリアについてもある程度めどが立ってきました。

大学中退、社会人経験の無いわたしでも、無事にそれなりの収入を得て、働くことができています。たしかに、年収的には多いわけではありませんが、女性の平均年収は300万円もありません6割の女性は非正規雇用で年収も200万円台なんです。

そう思えば、別に大卒じゃなくても、資格がなくても子供がいても、それが不利になることなく、それなりの収入を得ることは不可能ではないということがわかります。

個人的には、早く子供を産んで良かったと思ってます

筆者の周りではここ数年が結婚ラッシュ&出産ラッシュ。やはり、30歳前後で結婚・出産を経験する人は多いようです。でも、早くに子供を産むメリットというのもあるなぁと最近思います。

20歳前後でさっさと子供を産んでしまうと、順当に大学を卒業した友達と比べても、そこまでキャリアに差ができません。わたしも正社員として就職したのは23歳でしたしね。そのときは大きな差のように感じましたが、30歳にもなるとキャリアの年数なんてほとんど誤差レベルに感じます。

たしかに、大企業に就職したりしてバリバリ稼いでいる友達にはかないませんが、そうでない友達と比べれば、年収や働き方に大きな差はもありません。

また、周りの友達はこれから出産などでキャリアを中断することになるかもしれませんが、早くに出産を済ませているとあとはキャリアを積んでいくだけですから、むしろ有利な場合もあるかもしれないのです。

もちろん、育児をする上でも自分が若いといことはそれだけ体力的にラクですし、周りの年上のママたちにも優しく接してもらえることが多いので、得することも多かったように思います。

そういう意味では、早くに子供を生むというのは決してマイナスにはならないのではないでしょうか。

アルバイトからの出世もアリ!

早くに子供を産んだ人の場合は、大卒じゃないことも多いので、いきなり大手企業に正社員として就職できる可能性は残念ながら低いです。ただ、アルバイト入社から正社員登用を狙うことはできます。

筆者がはじめに就職したのは大手企業。ここは3か月の研修期間(パート)を経たのちに正社員登用される会社で、基本的に学歴などは関係のない完全実力主義の職場だったので、採用してもらうことができました。

次に就職した会社は、はじめはアルバイト入社でのちに正社員になりました。小さい会社ではありましたが、ここでのキャリアがあればその後他の会社への転職もしやすいキャリアを積めましたし、小さい会社であれば、さほど学歴が無い人でも正社員登用されたり役職に就いたりできる可能性も高くなります。

早くして出産したという人には、まずはアルバイトとして働き始めることをおすすめします。アルバイト社員から出世するという事例は過去にもたくさんあるものです。もちろん、真面目に一生懸命がんばるのが条件ではありますが、がんばっていればある程度は評価されるものですから、若くして出産した人も、諦めずに仕事探しをしてくださいね!