人材派遣会社登録まとめ TOP >  派遣社員のマネー管理 > 時給が上がらない!時給の値上げ交渉ってしてもいいの?

時給が上がらない!時給の値上げ交渉ってしてもいいの?

ID558

アルバイトや派遣など時給制で働いている人は、ず~っと同じ時給というのもちょっとイヤですよね。正社員に比べて雇用が安定していない分、給料は高くしてほしいものです。でも、なかなか時給が上がらない職場もあります。そういう場合、自分から時給の値上げ交渉をしてもいいのでしょうか?

結論から言えば、自分から時給の値上げ交渉をするのはOKです。ただ、値上げ交渉をするには満たしておくべき条件があります。

仕事をがんばっていますか?

時給を上げてもらうには、「今の時給以上の働きをしているな」と分かってもらう必要があります。もし、たいして仕事もせずサボってばかりなのに時給を上げてほしいなんて言ったら「ふざけるな!」と言われます。

仕事を頑張って、十分に働きぶりを認めてもらえば時給を上げてもらえる可能性はあります。

ただし、「わたし、がんばってる!」と独断ではいけません。その頑張りは、職場の人に認めてもらわなくては意味がありません。

業務内容に対して時給が妥当ではありませんか?

時給は、基本的には業務内容に合わせて設定されています。だから、専門性の高い仕事なんかは時給が高いのです。

でも、仕事を続けているうちに任される仕事が増えたり、仕事の内容が変わって難易度が上がったりすれば、業務内容に対して時給が安い、ということも出てきます。そのような場合は、値上げ交渉できます。

ただ、それを認めてもらうには自分の仕事内容をきちんと把握し、なおかつ交渉相手に説明できるようにしておかなくてはなりません。

職場にとってなくてはならない存在ですか?

時給の値上げ交渉の材料としてもっとも強力なのはこれです。
今、あなたがいなくなったら職場はどうなるでしょうか?

  • 責任者を任されている
  • 新人教育や引き継ぎに時間がかかる仕事
  • 特殊な仕事で後任を探すのが大変
  • などなど、「この人に辞められたらかなり困る」と思われるような状況になっているのであれば、時給交渉をするにはかなり有利だと言えます。

    値段交渉ができる職場ですか?

    そもそも、その職場は値段交渉ができるところなのでしょうか。会社によっては、規定通りの昇給しか実施しないというところもあります。そういう会社の場合は交渉しても受け入れてもらえないばかりか、場合によってはその後扱いが悪くなったり、解雇されたり、ということもあります。

    もちろん、ここまで紹介してきた他の条件を満たしているのであれば、交渉してみてもいいでしょう。万が一それで解雇されたとしても、それだけ活躍できる人ならいくらでも他の仕事が見つかります。

    ただ、どんな職場でも必ず交渉を受け入れてもらえるわけではないので、できれば「これまでに交渉に成功した人はいるか?」ということをリサーチしておくのがいいですよ。

    交渉している人はけっこういます

    時給の値段交渉をしたことが無い人は「そんなことってアリなの!?」と思われるかもしれませんが、交渉をしたことがある人はたくさんいますし、交渉によって時給が上がり、さらに仕事をがんばって正社員登用されたり役職に就いたり、という人もたくさんいます。

    時給の値段交渉が成功すれば給料が上がって生活も楽になりますし、仕事のモチベーションも上がりますよね。ぜひ、一度交渉してみてくださいね!