人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > 思い切りが大事!PCの整理整頓ができれば仕事の効率は上がる

思い切りが大事!PCの整理整頓ができれば仕事の効率は上がる

ID534

みなさんのPCの中身は、つねに整理整頓されていますか?PCの中身が散らかっていると、頭の中まで散らかってくるのではないでしょうか。効率よく仕事をすることを考えるのであれば、PCの中身を整理されていなければなりません。

まずはデスクトップを整理しよう

片付けは機能性を高める、つまり仕事の効率を高める効果がありますが、まずは見た目から入るのがおすすめです。見た目がきれいになっているだけでも「仕事ができる人っぽい」雰囲気を出すことができますし、実際、片付いていれば要らない情報が目に入らないので仕事に集中しやすくなります。

そこで、まずはデスクトップを片づけましょう。
要らないファイルや使っていないショートカットは削除してください。

すると、デスクトップに出しておくものはかなり減っていくはずです。
スクリーンショット 2014-04-28 10.20.39
これは筆者のPCのデスクトップですが、ショートカットは1列だけにしています。なんにも無い状態にしたこともあったのですが、さすがにちょっと使いづらいのでこの状態に落ち着きました。

いらないファイルはさっさと削除!

モノを捨てられない、という人は、PC内のデータもなかなか捨てられません。どれもこれも大事な気がして、「もしかしたら必要になるかもしれないし」とか思って捨てられないんですよね。

でも、不要なデータのせいで容量を使いすぎていて、PCが重くなっている人もいます。また、個人情報など流出させてはいけないデータをいつまでも大事に保管しているのも少々危険がともないます。

「それぐらいのリスクならべつにいい」と思うかもしれませんが、少しぐらいのリスクも積み重なれば大きなリスクになります。

もう使わないようなデータは思い切って削除してしまうようにしていきましょう。

要らないものがあると、大事なものを見失う

もう使わないデータや仕事と関係のないデータなどをいつまでも置いておくと、必要な情報をすぐに取り出せなくなってしまいます。PCの中身がスッキリしていれば、必要なものしか入っていないのでどこに何があるのかも把握できますし、「あのデータどこにやったかな」とあちこち探し回ることもありません。

要らないモノのせいで大事なモノが見つからない、なんて仕事をする上ではとても効率の悪いことですよね。仕事は生産性が大切です。必要なデータを探しているあいだの時間というのはなんの生産性もなく、ただムダな時間を過ごしてるだけになりますから、仕事の効率・生産性を考えるのであれば、本当に必要な情報だけを残しておくようにしましょう。

保管場所を変えても意味が無い

増えすぎたデータは、PCの本体以外のところの収納すればいい、と考えている人も多いのではないでしょうか。たとえば、USBに保存したり、もしくはドロップボックスなどのクラウドを利用している人もいるかもしれません。

でも、これでは根本的な解決にはなっていません。結局管理すべきところが増えただけで、大事なモノをすぐに探し出せる状態には至らないのです。

これは、家の片づけにも言えることです。モノの量が多いからと、収納家具を買い足すとします。すると、そのためにはコストがかかり、収納家具を置くために居住スペースが狭くなり、快適な暮らしからは遠ざかってしまいます。トランクルームを借りる、なんていうのは最悪です。

もちろん、家のモノにしてもPCのデータにしても、仕事上の理由でどうしても量を減らせない、という人もいるでしょう。ただ、そういう人はそう多くはありません。たいていの人は、もう処分してもいいものをいつまでも大事そうに持ってしまうのです。

実際には使っていない、たいして大事でもないモノなのに、手元に置いておかないと不安になってしまうんですね。その気持ちもわかりますが、仕事の効率を上げたいと思うなら、ぜひPCの整理は徹底しましょう。
普段からキレイに整理しておけば、忙しいときに少しPCの中が散らかっても、すぐに片づけられるようになります。

みなさんも、ぜひPC内のいらないデータは早めに処分して、必要なものだけが入っている状態にしてみてくださいね。