人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > 手帳を使いこなすには?

手帳を使いこなすには?

あなたは、手帳を使いこなしていますか? 新しい手帳を買った人も多いと思いますが、今年こそ手帳を使いこなしてみましょう!

手帳のタイプはあなたに合っていますか?

手帳には、マンスリータイプやウィークリータイプがありますが、あなたは自分に合ったものを選んでいますか? マンスりータイプは見開きで1か月分のカレンダーになっているので、書き込める情報量は少ないです。逆に、もっとも多くの情報を書き込むことができるのは、バーチカルタイプのものです。バーチカルタイプとは、日付だけではなく、時刻が記載されており、時系列でスケジュールを管理することができるのです。

一日の予定が2~3個以上あるという人は、バーチカルタイプのものを使うのが便利だと思います。逆に、そこまで予定が多くないという人は、ウィークリータイプやマンスリータイプのものを使う方がすっきりします。

あまり予定が無いのにバーチカルタイプの手帳を使っていると重たくてかさばるだけなので、次第に手帳を持ち歩かなくなってしまうというリスクがあります。予定が多い人は、マンスリータイプなどだと予定が管理しきれず、結局手帳を活用できなくなってしまうでしょう。

自分に合った手帳を選ぶことで、三日坊主にならず手帳によるスケジュール管理が続けられるようになりますよ。

ノートタイプorリングタイプ

手帳には、リフィルが取り外せるようになっているリングタイプと、綴じられているノートタイプのものがあります。ノートタイプのものは取り外しができないのでかさを減らすこともできませんし、年明けの頃には古い方の手帳も一緒に持ち歩かなければならないというデメリットがありますが、同じ量のスケジュールを持ち歩くなら、リングタイプよりもかさは少ないです。リングタイプは、取り外しができるので、不要な分は取り外して軽くしたり、もしくは1か月ごとに古いリフィルを抜いて新しいリフィルを足していき、つねに1年分など一定期間分の予定を携帯することが容易になります。ただ、リングタイプはリングが邪魔になって書き込みにくいというデメリットがあります。

どちらが合っているかは人によって違いますが、実際に使ってみて使いやすい方を選ぶといいでしょう。

夢や目標も書いていますか?

手帳には、自分の夢や目標を書くのがおすすめです。1年のはじめに「今年の目標」を考えたとしても、その目標の存在を忘れてしまっては意味がありません。

手帳に書いておけばつねに見ることができますし、忘れることが無いので目標に向かって何をすべきか、ということを考える時間もとりやすくなります。

夢や目標は、今年だけのもの以外にも、数年後や数十年後の夢も書いておくと、長期的な展望を持ちながら日々を過ごすことができるので、ぜひたくさんの夢や目標を書いておきましょう。

手帳は、はじめの1~2か月しかきちんと使わず、いつのまにか手帳の存在自体を放置してしまう人も多いものです。今年こそ手帳を1年間使いこなすために、ぜひ自分に合った手帳を選び、手帳を活用できるようにしてくださいね。