人材派遣会社登録まとめ TOP >  思考法 > 「ちょっとしんどい」仕事を続ければ、成長し続ける人になる

「ちょっとしんどい」仕事を続ければ、成長し続ける人になる

ID532

仕事に対する考え方、仕事観は人それぞれです。なかには、「別にお金がもらえればそれでいい」という人もいるでしょうし、「別に出世しなくていい」と考える人もいるでしょう。

ただ、今の時代はもう少しがんばらないと、仕事を続けていくのは難しいのではないでしょうか。

自分の能力を高めていかないと仕事がなくなる!?

何十年も前から言われていることですが、技術の発達により、人間がしなければいけない仕事は減っていきます。すでに、昔は人間の手でしていた作業の多くはロボットにとって代わられています。今後もこの流れは続くでしょうから、ぼんやりしていると仕事を失いかねません。

自分を成長させていくことができないと、仕事を失ってしまうかもしれないのです。

「ちょっとしんどい」をスタンダードに

成長を続けるために必要なのは、今の自分の能力よりも少し上のことにチャンレンジする、ということです。

自分の能力で問題なくできるような仕事だけでは成長はできません。いつも同じことの繰り返しになってしまえば、だんだん手抜きすることも覚えてしまいかえって能力が低くなってしまう恐れもあります。

自分の能力ではちょっと難しい仕事をしていると、その仕事に合わせて自分が成長しなければなりません。勉強でも、分かる問題だけ解いていても成長しませんよね。仕事もそれと同じです。今の能力以上のことをやらなければ、ずっと同じ能力のままで成長しない人になってしまいます。

「やってみる」という感覚を持とう

自分ができる範囲以外の仕事も、頼まれたら「やってみます!」と答えられるでしょうか。

もちろん、自分の能力ではあきらかにできないような仕事であれば、断らなくてはなりません。引き受けた結果できなかったら迷惑がかかりますし、成長できませんからね。

でも、がんばれば出来そうな仕事は、進んで引き受けるのがおすすめです。はじめから自信を持って難しい仕事をできる人はいません。はじめは自信がなくても、思い切ってやってみることで、成長するのです。

頑張れば出来そうな仕事とは

ところで、普段なにげなく仕事をしていると、自分の能力をきちんと把握できていない人も多いと思います。だから余計に、難しい仕事を引き受けたくないのです。

ちょっと難しそうな仕事にも進んで手を挙げる人というのは、自分の能力を正確に理解しています。だから、「これぐらいの仕事ならできそうだ」「これは絶対に無理だ」という判断ができるのですね。

成長し続ける人になるためには、ちょっと難しい仕事にもチャレンジする必要がありますが、そのためにはまず自分の能力を把握しておく必要があります。普段している仕事もただこなすだけでなく、どれぐらいの時間を使っているのか、自分にとって簡単なのか難しいのか、ということを意識しながら取り組むだけでも、仕事の幅が広がるはずです。

ちょっとしんどい仕事をいつもしていれば、ずっと成長し続けることになるので、自分の能力の範囲内でしか仕事をしない人に比べると、何十年後にはかなり大きな差になっていくことでしょう。

みなさんも、成長し続ける人になるために、自分にとって少し難しいと感じられる仕事も積極的に引き受けてみてくださいね。