人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事術 > 職場を楽しくするもっとも基本的な方法

職場を楽しくするもっとも基本的な方法

「仕事はつらいものだ」と割り切って働いている人でも、やっぱり仕事は楽しい方がいいですよね。では、あなたは仕事をもっと楽しくする方法を知っていますか?

気が利かない人のことを考えてみよう

あなたの職場に、「気が利かない人」はいますか? たいてい、周りに誰かしら「気が利かない人」がいると思います。他の人の仕事ぶりを見ていると「気が利かないな~」と思うことは多々ありますが、もしかすると、あなたも誰かにそう思われているかもしれません。

というのも、人によって気が利くポイントというのは違うからです。

筆者自身も、自分は気が利く方だと思って生きてきました。だからこそ、職場の人が気が利かないことをすごく気にしていましたし、イライラすることもたくさんありました。しかし、人によって気が利くところというのはけっこう違います。すべてのおいて気が利く人というのは少なく、たいていの人は「ここは気が付くけどあれは気が付かない」ということがあるもの。

筆者の場合、たとえばタオルの畳み方や置き方にこだわるタイプです。タオルの裏表を確かめてから裏を内側に畳みますし、タオルを置く場所からどう見えるかを考えて畳みます。タオルの端ではなく、「輪」の部分が手前に来るように置くようにします。タオルかけにタオルをかけるときは、タグがある方が奥になるようにかけます。ちなみに、自宅でも同様にしています。

でも、タオルの畳み方や置き方なんてまったく気にしない人だっていますよね。少々シワになっていてもななめになっていても気にしない人は、わたしが気にしているようなタオルのタグや縫い目なんてまったく気にならないわけです。

一方、そういう人でも、わたしが気が付かないところに気づいたりします。この職場はエステだったのですが、お客様が使うシャワールームのカランの裏側をキレイに掃除できるのは、タオルの畳み方が雑なスタッフでした。わたしはそういうところは雑なので、そのスタッフがシャワールームの掃除をしているのを見て反省しました。

このように、人によって気が利くところと気が利かないところはあるものです。

アイデアの共有で仕事が楽しくなる

職場を楽しくするもっとも基本的な方法とは、他の人との情報共有です。周りの人を見て「この人気が利かないな~」と思ってストレスをためるのではなく、ミーティングなどの機会にそのことを意見として発表するんです。もちろん、相手を責めるために言うのではなく、よりこの職場が良くなるように、という意味での発言です。

お互いに、こういった意見を言い合える環境って、絶対に今よりも働きやすいし楽しいハズです。お互いに何を考えているか分からないと、嫌な面ばかりに目が行ってしまうものですが、お互いに意見を言い合っていればお互いに悪いところは直せますし、疑心暗鬼になることなく、リラックスして働くことができます。

さらに、こうして意見を言い合うと、お互いに成長できるというメリットもあります。やはり、仕事ができない人ばかりの環境って、働いていて楽しくありません。レベルが低いんです。でも、ハイレベルな集団になると、その中に自分がいることを誇りに思えますし、どんどんお互いが成長していくのを実感できるので、とても楽しくなります。

そして、仕事のレベルが上がると、当然業績にも影響しますし、業績が上がればみんなのお給料にも影響するでしょう。そうすると、ますます仕事が楽しくなりますね。

アイデアの共有は重要です

お互いへの意見だけでなく、自分自身の成功体験や仕事のやり方を共有することも大切です。「お客様にこういう対応をしたらうまくいった」といったことや、「話し方をこう変えたら契約を取りやすくなった」など、他の人にも共有することで、他の人も仕事がしやすくなるはずです。

こういった仕事にプラスになる情報を共有することで、職場はますます楽しくなります。人間関係も良くなるのでストレスも減りますよね。

職場によっては「上司が最悪だから無理」ということはどうしてもあるかもしれませんが、あなた自身がすでに多少の権限を持っていたり、言いやすい雰囲気があれば、ぜひ情報を共有する流れを作ってみてはいかがでしょうか?