人材派遣会社登録まとめ TOP >  仕事の探し方 > 最近人気の地方移住、仕事はどうやって見つけるべき?

最近人気の地方移住、仕事はどうやって見つけるべき?

jin1886

ほんの少し前まで、田舎暮らしと言えば仕事を定年退職した人が、悠々自適の老後生活を楽しむためのものでした。ところが、最近は若い世代の地方移住がトレンドになりつつあります。

50%以上の人が地方移住に賛成!

内閣府の調査によると、地方移住してもいいと考えている人がとても多いんです。

20代……52.3%
30代……57.6%
40代……51.2%

ただ、無条件に「移住したい!」と思える人は少ないようです。つまり、「家賃が安い」とか「田舎でも便利な生活ができる」といったメリットを感じなければ、移住はできない、ということ。

それでも、実際に移住している人は増えているんですよね。独身の若者だけでなく、ファミリー層の移住も目立っています。ファミリー層の場合、「自然の中で子育てができる」というのは大きな魅力になっているようです。

しかし、田舎に移住したとしたら、仕事はどうするのでしょうか?

基本的に仕事は無い!

地方移住した人へのインタビュー記事などを見ていると、みなさんちゃんと仕事をしていることが分かります。仕事がなければ生活していけませんから、当然と言えば当然ですよね。

ただ、その仕事というのは「会社に雇ってもらう」ということではないのです。多くの方は、自分で仕事を作り出すことによって収入を得ている、「自営業」です。

やはり、田舎に行くと仕事は少なく、仕事はあっても給料が少ないといった問題も多いようなのです。

生活費は少なくなるとは限らない

地方に移住さえすれば生活が楽になる、とは限りません。田舎に行けば住居費は安くなりますが、それ以外のところで出費が増えることも少なくありません。プロパンガスだとガス代が上がりますし、寒い地方なら暖房費がかさむでしょう。輸送が不便なところは物価も高いですし、ネット通販で買い物しようとしても、配送料が高くついてしまうこともあります。

都市部に住むよりも生活費を安くするためには、移住する前にしっかりとリサーチしておくことが大切です。できれば、数日間の旅行に出かけて、現地の実際の物価を見たり、住んでいる人の話を聞くのもいいでしょう。

家賃が安いだけでなく、トータルで節約になるか、ということをしっかり調べておきましょう。

仕事の状況もよく見極めること

地方でも、仕事が無いわけではありません。仕事がたくさんある地方だってあります。これも、移住する前にあらかじめ調べておけば、ある程度予想することができますよね。

ネットでその地方の求人サイトを見るだけでも、どんな仕事があって、どれぐらいの収入になるのかを予想することができます。

それから、「自分で仕事を作る」という選択肢も持っておくといいでしょう。地方に行くと、都市部では当たり前のモノやサービスが無かったりします。それをヒントに、自分で仕事を作り出している人は、地方移住に成功していると言えます。

もちろん、それはうまくいくとは限りません。長年勤めた会社をパッと辞められるほど簡単なことではないのです。

もし移住するなら、仕事は移住してから考えるのではなく、移住する前にある程度決めておいた方がいいですね。自分で仕事を作り出すという場合でも、引越しする前から仕事のヒントを探して、その仕事が実現可能かどうかを見きわめなくてはなりません。

地方移住はとても魅力的ではありますが、「流行っているから」と安易に決断してしまうと後悔してしまうことにもなりかねません。仕事がなければ生活していけませんし、地方移住に失敗したとしても、元の仕事に戻れるとは限りませんから慎重に決断してくださいね。